羽田空港はバイク駐車もOK!国内線と国際線で駐車料金が違うので注意が必要

羽田空港にはバイクを駐車できるスペースもあります。注意したいのは国内線と国際線で料金設定が違うので事前にチェックしてみましょう。広々していて快適ですよ。

スポンサーリンク

羽田空港のバイク駐車料金

原付であっても大型自動二輪であっても料金は変わりません。マルの付いている部分が二輪車の料金です。

国際線側の料金表です

料金設定がややこしくなっているので確認できるよう国内、国際線別で表にしてみましたのでどうぞ

羽田空港バイク駐車料金
  30分以内 基本料金 24時間以内 24時間後 1日上限額
国内線 無料 30分/50円 500円 24時間を超える毎に5時間まで
1時間あたり100円
500円
国際線 無料 30分/50円※7時間以内 700円(7~24時間以内) 24時間以降24時間毎700円を上限に1時間毎100円 700円

30分以内はおそらく送りに来た人用ですね。とりあえず1日の上限額はしっかり決まっているので安心です。

羽田国際線HP
羽田国内線HP

いくつか仮説を立てましたので参考にしてみてください。

羽田空港国際線ターミナルにバイクでご飯を食べに来た(3時間)

国際線ターミナルには結構いろんなレストランが入っていて、私のオススメは『つるとんたん』です。でっかいうどんが食べれますよ。ちょっとお高めですが、、、

50円(基本料金)×6(3時間分)−50円(初めの30分)=250円

ピーチの弾丸ツアーで韓国に行って来た(21時間)

私の場合バイクで行った理由がこれです

一日上限700円

有給を絡めて3連休、2泊3日、昼出発、夕方帰りのプチ旅行(53時間)

700円(1日目)+700円(二日目)+500円(5時間分)=1900円

車とバイクで比較(1週間)

バイク:700円×7日=4900円
クルマ:2100円×3日+1500円×4日=1万2100円

差額:1万2100円−4900円=7200円

車とバイクではだいぶ違いがありますね。車の場合、初め3日間は上限金額が2100円に設定されています。

駐車料金ポイント

ポイントは24時間以降24時間毎700円を上限に1時間毎100円」の部分で、24時間を超えた時点から6時間以内の出庫であれば料金が安くなります

羽田空港バイク駐輪スペースへの行き方(国際線)

旅行なんかで羽田空港を利用する場合深夜の便になる事も多いですね、特に国際線の安〜いのだと、、、そんな時は車やバイクで行って時間ロスなく有効活用しましょう。

国際線ターミナル側駐車場への入り口

車と同じように進めば左側にバイク用の車線が出てきますのでそちらに進みます。

駐車券を車と同じ要領で取ります、ボタンを押せばOK

手袋をしていると取りづらいので手袋は外した方がいいですね、駐車券を取ったらそのまままっすぐと進みます。

場内案内図

矢印の方向から進入してきて、マルで囲ってある部分がバイクの駐車スペース。1番と2番エリアの2箇所、案内図上側が空港です。

2番駐車スペースの看板が見えます

発券機の所に書いてあったように、バイクの駐車スペースは1階のみなので気をつけてください。
2番側スペースが羽田空港直結のエレベーターホールに近いですよ

広々していて最高

羽田空港のバイク駐車スペースはとっても広々していて、大型バイクでもゆとりがあります。
駐車スペースにはチェーンロックするための手すりもあります。大事な愛車を盗まれないためにもあるといいですね。

そもそも羽田空港駐車場への行き方

詳しくない人は迷うまもしれません、国際線と国内線ターミナルの間は電車や車等でないと移動するのは大変です。自分の利用したいターミナルはどちらなのか確認しておきましょう。

今回バイクを駐車したのは国際線側で、矢印の先にある駐車場になります。

さぁここで簡単に覚える方法がありますよ、よーく駐車場の形を見ると、、、

国際線駐車場はマルイ
国内線駐車場は四角い

たったのこれだけですが、覚えおけば初めて利用する人も意外と役にたつと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事