シンガポールで夜お酒を飲むには?日本とは少し違うシンガポールの『お酒事情』には注意が必要!

『時間帯指定』のあるシンガポールでの飲酒、には注意が必要です。知らないと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性も。シンガポールのお酒事情を解説

スポンサーリンク

飲酒時間帯が決められている『シンガポールのお酒事情』

初めてシンガポールに行った日の夜、ふら〜とご飯を食べに街中へ

適当な屋台で食事とビールを注文すると、店主に

『NO』

と一括、、、
何故なんだと聞いてみると、シンガポールでは飲酒に時間帯指定がありました。

さらに街中を歩いていると、飲酒禁止の看板を発見

夜遅くまで屋台でご飯を食べる事はできますが、お酒と一緒に食事したいなら9時までには行かないとダメです。

シンガポール飲酒、酒類販売の時間帯について

2015年4月1日よりシンガポールでは酒類の規制強まり、

休日午後10時半~午前7時
平日午後8時〜午前7時

までの間、公共の場での酒類の飲酒、販売が禁止されています。公共の場とは歩道、公園、駅などで、屋台も含まれます。
これは我々外国人観光客にも適用され、違反者には1000ドル(約8万円)以上の罰金、または最長で3ヶ月の禁錮刑が科せられます、、、

また、少し複雑ですがコンドミニアム(分譲マンション)も公共の場になるよで、こちらも禁止されています。ひょいひょいと誰かの家に行ってお酒を飲んでも違反に該当するので注意しましょう。

知らないとホント大変ですね。このブログ見ているあなたは気をつけてください。

夜でも飲める場所がある

シンガポールでは公共の場での酒類の販売、飲酒が禁止されていますが、許可された施設(ホテル、酒場)では飲酒する事が可能です。

シンガポールお酒事情
  平日:午後10時30分〜午前7時 休日:午後8時〜午前7時 祝日:午後8時〜午前7時
屋台等の公共の場 禁止 禁止 禁止
許可されたホテル内 OK OK OK
許可されたレストラン OK OK OK
BERやパブ OK OK OK

バーやパブのお酒は高めに料金設定されていますが、大丈夫。
レストランならリーズナブに飲める場所もあります。しかし、許可されていないレストランはNGなので注意が必要です。

また、許可されていないホテルなどの宿泊施設もNGです。目安として、明らかに安い(1泊1500円)などの施設はあらかじめ確認しておきましょう。普通のホテルあれば大丈夫ですよ。

夜はコンビニやスーパーでも酒類の販売禁止

飲酒禁止の時間帯は販売も禁止されています。コンビニやスーパーで購入しようとしても鍵がかかっていて買えません。ホテルで飲みたい場合はあらかじめ購入しておくようにしましょう。

関連記事
シンガポール旅行の必須アイテム!屋台の席取りで『ポケットティッシュ』が大活躍!

スポンサーリンク
おすすめの記事