海が綺麗に見える時間は?オーシャンブルーになる条件・ポイントまとめ

旅行誌のようなオーシャンブルーの海はどうしたら見えるのでしょうか?ポイントは太陽の光!!海が綺麗に見えるためのポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

海の色は太陽の光からできている

「時間」「天候」「水深(地形)」太陽光は一度海の中に入り、海底の砂や岩に反射し帰って来た光が人の目に入る。
そもそも太陽光は「青だけ」「赤だけ」みたいな色ではなく、可視光線ー赤橙黄緑青藍紫の7色の色を持っていて、これ以外に不可視光線という「赤外線」と、女性が大キライな「紫外線」が入っています。
太陽光が海に当たると青以外の色は海に吸収され、最終的には青色が残って、海全体がオーシャンブルーに見えるんですね^^

この時どれくらいの色がどれくらい跳ね返って来たか?によって海の色は変化しています。

海がキレイな時間

同じ場所に行くにしても時間帯。海が綺麗に見える時間帯はだいたい10時〜14時くらいの太陽光が真上から照らされる時間がオーシャンブルー

ベストは11〜13時

注意したいのは「満潮」なのか「干潮」なのか?これは時間ではなく日程に関係してます。
潮の周期は季節によっても変わり、1日あたり49分づつズレていきます。

満潮がいいのか?干潮がいいのか?海の深さに関係しますが、オーシャンブルーにベストな水深はcmくらい^^

晴天だけではダメ

晴天時が最高。雲一つない日なんか見惚れちゃいますね^^
でも晴天以外に風速がとっても大事!!風速3m未満ならいい感じ☆できれば風速2m未満がいいですね。ここまでくればベストコンディション。

今はインターネットの天気予報で簡単に調べられちゃうのでチェックしてみましょう。風が強く波が立つと光の反射が弱くなり濁ってしまいます。

プラクントンの死骸が多いとダメ

温度が急上昇した時にプランクトンが窒息死して海が濁る事があります。そう考えると実は冬の方がキレイ。
しかし、日差しは夏の方が強いので夏のプランクトンが死んでいない日を選びましょう。

サンゴ礁があるかないか

サンゴ礁がないと、写真でよく目にするとてつもないオーシャンブルーの海は完成しません。

サンゴ礁がある海域ではサンゴが水質を安定させ、天然の防波堤として波を和らげてくれています。結果的に光の反射が強くなりオーシャンブルーの海に見える。

川の下流近くの海域は避ける

川の水には様々な物質が入っていて、直接海に流れ込む周辺の海域は透明度が下がります。

まとめ

簡潔にまとめると

風が弱くて波が立っていない晴天の日のお昼頃にサンゴ礁がある海に行けばオーシャンブルーの海!!

c u guys ^^

スポンサーリンク
おすすめの記事