お値段手頃なスマホ用望遠レンズ(12倍)の実用性を写真で比較!使用時のコツを紹介

楽天で2000円台と超安いスマホ用望遠レンズを横浜山下公園に行き試してみました。思いの外ズームができてビックリでしたが使う時は少々コツが必要です。特にケラレが入ってしまうと大事な写真が台無しに、、、しかしこれも簡単に消す事ができました。何枚か写真を撮り比較しているのでチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

スマホ用望遠レンズ12×の特徴を写真で比較

まずは重要文化財の日本郵船氷川丸で画質の違いを見てみましょう。


I Phone SE 通常撮影

全体的にボヤけている所も無く、綺麗に撮影できています。


I Phoneでズーム最大

少しザラつきが見られます。くっきりした印象はちょっとないですね、、、


I Phone通常+望遠レンズ(12×)

IPhone単体より気持ちズームしています。それに加えて中心部は非常にくっきり。レンズによる歪みと回りが少しボヤけてしまっています。


I Phone通常

写真中心部の奥に風車があるのでそれをターゲットにズームしてみたいと思います。


iPhone最大ズーム

多少のザラつきが見られるのと、ズームが足りていません。


IPhone通常+望遠レンズ(12倍)

画像が暗くなりケラレが発生。


IPhone最大ズーム+望遠レンズ(12倍)

スゴイ事になってますね(笑)わずか3000円でこれほどのズームですよ^^ただ手ブレがすごく、ピントを合わせるのにも一苦労しました。

望遠レンズを使う時のコツ

望遠レンズを使う時はケラレ(写真の回りが暗くなる現象)に注意しながらピントを合わせなければいけません。これが結構大変で慣れないと1枚写真を撮影すのに5分も10分も掛かってしまいます。

いくつかコツがあるので全部覚えて練習してみて下さい。

ケラレを消す方法

・スマホにカバーをしている人がほとんどだと思いますが望遠レンズとスマホカバーは相性が非常に悪いです、、、撮影時はスマホカバーを外して撮影するようにしましょう。

・望遠レンズを取り付けた後にピントを合わせますが、上から下にピントを合わせていく方が力を必要としません。安い望遠レンズはクリップが弱いため、少しズレるだけでケラレが出てしまいます。ある程度ピントを合わせてから対象物にカメラを向け、ピントを上から下へと下げていくといいと思います。

・望遠レンズを付けるならスマホ側のズームを少し効かせるとケラレは出なくなります

IPhone少しズーム+望遠レンズ

手ブレについて

望遠レンズを付けた状態でスマホ側のズームを効かせると物凄い手ブレになります・・・全然ブレませんって人はどっかの軍隊さんのスナイパーか射撃のオリンピック選手くらいでしょうか(笑)

ある程度遠くの物を被写体とするのなら絶対に支えとなる何かが必要です。三脚があればベストですが、無ければ何かに乗せて力でスマホを押さえつけるようにしましょう。

スマホ用望遠レンズまとめ

私は12倍を購入しましたが「試合観戦」「子供のお遊戯会」「コンサート」くらいなら8倍〜10倍あれば十分です。逆に12倍もあると手ブレが酷くなり良くないですね。レンズを付けない状態よりも確実に暗くなってしまうのもデメリットです。

12倍以上は「停止した被写体を撮影したい時」「とにかく遠くのもの撮影したい時」くらいで、利用頻度が大幅に狭くなるように思いました。もし初めて購入すのなら8倍くらいがオススメ。3000円しないくらいでこれだけズームできちゃうんですから望遠レンズを一つ持っているとスマホで写真を撮るのがもっと楽しくなると思います^^

see you@@

スポンサーリンク
おすすめの記事