英会話における最終奥義ジェスチャーで伸ばす英語力

英会話、誰もが皆ジェスチャーしちゃってると思います。でも外国人に比べてどうでしょうか?ジェスチャー多めですか?それとも少ないですか?おそらく少ないんじゃないかなと、、、

言葉の壁を超えられる最強のコミュニケーションツール、それがジェスチャー。英会話スキルをアップさせるにはジェスチャーの勉強も必要だと思います。なぜなら僕たち日本人はめちゃくちゃジェスチャーが苦手だから(笑)言わずもがなですな。

てなわけでジェスチャーの能力に迫りつつ、幾つかジェスチャーを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なぜジェスチャーを勉強するのがいいのか?

英語の勉強じゃないじゃんと思った人はたくさんいますよね?(決めつけ)そうです。ジェスチャーは一つのコミュニケーションツール、無縁までいかなくとも英語とイコールではない。ならなぜにジェスチャーを勉強するか?

 

それはコミュニケーション能力をUPさせるためです。

 

どういうことかと言いますと、ジェスチャー力があれば相手の言ってる事が分からない自分の言ってる事が伝わらないこんな不安から脱する事ができると思いませんか?だって最悪ジェスチャーで会話すればいいんですから。(笑)

 

ジェスチャー力ある人は自分からドンドンドンドン話しかけるシャイではない人が多いと思います。そして、英語が伸びる人は間違いなく自分から話しかけることができるタイプの人です。それは目の前にあるチャンスを無駄にすることなく最大限に活かせているからだと思います。コミュニケーションが苦手な人ほど挫折してしまうでしょうし、そもそもせっかくあるチャンスでどうしてもビビりがちなのかなと、胸にグッと刺さった人もいるはずです。

ある程度話せる人は元より、これから英会話を勉強しようとする人ほどジェスチャーを勉強するのはおすすめです。

流暢に英語を操る日本人ほどジェスチャーも上手い

僕が出会ったたくさんの海外に住む日本人、そんな人たちほぼ全てを僕は勝手に分析していました(すいません(笑)どの人の英語力は高くて、この人の英語力はイマイチだなぁーとかです。だいたい高いと思う人はジェスチャーも一流で、低いと思う人は政治家並みの動きのなさ。

英語は非常にリズムを大事にする言語でもありジェスチャーとの関係においては日本語よりも高め、つまりは英会話をするなら学力と共にジェスチャー力もアップしなければイマイチな英語力になりがちなのかなと、そんなように思います。(伝われ)

ジェスチャーの習得方法

もともと日本人はジェスチャーがすごぶる苦手で数も少なく動作も小さいです。何かにつけてオーバーリアクションな外国人のようにリアクションを取るにはthvの発音を練習するのと同じようにジェスチャーも練習しないとなりません。つまり、慣れるまでは意識してジェスチャーする必要があります。

例えば、

3129230888_63338639dd

really?(マジで?)なんて言うときにここまでリアクションをとる事があるでしょうか?慣れないうちはこんなオーバーリアクションをあえてやります。するとだんだん他のジャスチャーも動作が大きくなり、タイミングも自然に、

すると徐々にジェスチャーへの耐久と言いますか、恥ずかしさが無くなりますね。そうすると大半の事はジェスチャーでカバーできるようになり目の前の英会話チャンスで挑戦しやすくなると思います。

海外ドラマや映画からジェスチャーを吸収する

映画やドラマで英語の勉強みんなやってますね。好きなフレーズを見つけたり、気に入った言い回しだったり、ジェスチャーもどっかの俳優から盗んでくればそれでOKです。

「あ、このジェスチャーやってみたい」「このジェスチャーはなんだかいろんな場面で見るな」とか、なんでもいいと思います。会話で使えそうなジェスチャーを適当に選んで実際に使うだけです。

ジェスチャーにも種類がある

「驚く時のジェスチャー」と「会話しながら補足的にするジェスチャー」、「誰かに合図を送る時のジェスチャー」などなどジェスチャーにもいくつか種類があります。

英会話力を伸ばすのに一番いいのは「会話しながら補足的にするジェスチャー」。目的が会話を成立させることにあるのでその他は仲良くなるためのと言いますか、その他は自信が付けば勝手にジェスチャーも付いてきます(笑)

ジェスチャー教材もある

一応ですがジェスチャー教材なるものもあります。だいたいがビジネス系の教材でお値段もそこまでしません。

ただ、英会話スキルUPのためには映画やドラマを見て好きなジェスチャーを選んだ方が効果的でしょう。

ジェスチャー力UPのポイント

ポイント
  • なるべく大きく大げさにやるくらいの気持ちでOK
  • 誰かのマネすればOK、間違いは基本ない
  • 顔芸までできればたいしたもん
  • できれば会話の中でするジェスチャーを大げさにできるようにしたい

ジェスチャーを勉強するメリット・デメリット

メリット
  • 英会話の自信に繋がる
  • 会話が弾むようになる
  • 相手の話す事が理解できない、言いたい事が伝えられない時に頼れる
  • 目の前のチャンスに挑戦できるタイプになれる
  • 友達ができすくなる
  • 単語を覚えるのより楽なのにコミュ力UPがすぐできる
デメリット
  • TOIECなんかのテストにはなんの意味もない(テスト中にすると怒られるかも)
  • マスターすればするほど日本人離れが止まらない(人によりけりだが、、、)
  • ジェスチャーと多少の語学力で会話できてしまうとそれでいいやとなる人もいる
  • ジェスチャーの練習を一人ですると笑いが止まらない(笑いが止まらないくらいの方が良いという見方もできる)

      簡単なジェスチャーを一部紹介

      適当にネットから持ってきたものなので、できれば自分で映画やドラマから探すようにしてください(笑)

      5744104258_4775cef932

      11480592556_a9766b31bf

      6226179855_44874ca2e5
      why me? you should take care of this.

      3077912436_8f647debd1
      make a space please.

      まとめ

      英会話をジェスチャーでごまかすのはどうなのよ?という意見も散見されますが英語力をUPさせるのに間違いなく効果は絶大です。

      流暢に英語を話す日本人になればなるほどジェスチャーも上手い。もっとうまくなりたいと思ったらすでにできている人のマネをするのが1番の近道でしょう。特に、恥ずかしくて自分から話しかけれない人や、目の前のチャンスを逃しがちな人は練習してみるといいと思います。

      ジェスチャーが大きくなれば英会話の自信も一緒に大きくなるハズです。

      以上

      スポンサーリンク
      おすすめの記事