300回配達を終えて思うウーバイーツ配達員のメリットデメリット

ウーバイーツで配達員を初めてから300回の配達を完了する事ができました。ここまで配達をしてきた僕の感想を書きつつ、ウーバイーツで配達員をするメリットとデメリットについて説明したいと思います。

スポンサーリンク

ウーバイーツで配達員をやればお金の「ありがたみ」が分かる

僕は2019年は何か新しい事をと思いウーバイーツで配達員を始める事にしたのですが、配達員としてはまだまだひよっ子、途中「こりゃウーバーでの副業はダメだな」と思うことが何度もありました(笑)それでも300件の配達を完了する事ができたのは配達が楽しかったからだと思います。

なぜ「こりゃウーバーでの副業はダメだな」と思ったのか?ってことなんですが、鳴らない電話だったり、コスパの悪い配達、なにか鬼畜な配達がやっぱりたくさんあるからで、こんな事が多発すると配達辞めようかな?とか、ウーバーじゃダメだな!と思うんですね。しかし、そんな配達をコツコツとこなして今思うのは、自由に自分の好きな時間で仕事ができ案件も自分で自由にコントロールできるからこそ、ウーバイーツで配達をやればやるほど起業家でもないのにお金に対する価値観が研ぎ澄まされ、お金のありがたみ、お金を稼ぐ事の大変さが分かり、どーすればお金を稼げるようになるのかを考えるようになるような気がします。

つまり普通のアルバイトで稼ぐ1200円とウーバイーツで稼ぐ1200円では全く意味が違く、1件の配達が400円だったとして、1200円を稼ぐには3件配達をしなければならない。その3件全てがスムーズに1時間程度で終わることもあれば、3件やるのに1時間30分必要だったり、時には3時間も掛かってしまった、、、なんてことも。

普通に考えれば割が悪く普通のアルバイトした方がましなだなーとか、いくら好きな時間で稼げるからって時給700円はキツイーと思うことでしょう。しかし、だからこそお金のありがたみが分かります。ウーバイーツで配達を続けるにはどう向き合えばいいのかを考えるようになると思います。向き合い方=どーすれば稼げるか?どーすればストレスなく配達できるか?ということで、普通のアルバイトにはない考え方です。

ウーバイーツの配達ではお金に対するマインド転換、お金の勉強をできる。こんなメリットがあると。300回の配達を終えて感じています。

ウーバイーツ配達のメリット

メリット
  • 自分の好きな時間、スキマ時間に配達ができる(0900〜0000時、地域によって異なります。)
  • ウーバイーツで配達をすることでお金のありがたみが分かる(主体的な仕事ができる)
  • 他エリアでも配達できる(横浜登録でも東京、大阪etcで配達ができる)
  • ウーバイーツで副業することで収入増加に繋がる
  • いろんな人に出会える(配達員、お店のスタッフ、お客、思わぬ出会いがある)
  • 知らないお店、マンション、場所に行くことができる(超高層タワーマンションetc)
  • コミュ力UPにもなる(GoodとBad評価があるのでGoodが付くと嬉しい。)
  • うまくやればそれなりに稼げる
  • 実は社会貢献になる(後日記事を書きたいと思います。)
  • 簡単に副業を始められる(面接もなく基本登録だけでその日から始められる)
  • 委託業務になるがUberのサポート体制がまぁまぁしかっりしている
  • 自転車・バイク共に体力維持、体力作りになる(自転車の場合はトレーニング状態(笑))
  • 自営業の練習になる(経費と収益の管理をし確定申告するなど)
  • 配達で(英語)外国語を使う機会がある(理解できる語源を設定すれば外国人客の所へ行くことも)
  • たま〜にタダ飯を食べれる(注文者が不在など注文者側の問題で配達できない時)
  • お店のスタッフやお客から差し入れを貰うこともある
  • 海外入金を体験できる(通帳に英語表記の入金履歴が残りなんだか嬉しい。(人によりけり(笑)))ウーバイーツの収入は外国からの送金で口座に入金されます。)

ウーバイーツで配達するメリットはこんなにもあります。その中でも最大のメリットが「自分の好きな時間、スキマ時間に配達ができる」と「ウーバイーツで配達をすることでお金のありがたみが分かる」で、この2つをクリアーする仕事は何かスキルだったり、実績だったりが必要でなかなかにないもの。ウーバイーツであれば誰しもがこの2つを得ることができます。

他エリアでの配達」も魅力的で「旅+仕事」のノマドワーカー的な働き方でできるのもウーバイーツならでは。

ウーバイーツ配達のデメリット

デメリット
  • それなりに稼げるようになるまでは割が悪いことも(ノウハウができるまで時給が下がってしまう、配達がうまくいかない。)
  • 住所未入力やヤバメな客、ピックが遠いなど鬼畜な配達に出くわすことも
  • 高低差や周辺環境の判断がないため客がタワーマンションや店舗が商業施設併設だと不利(ノウハウで改善可能)
  • 鳴らない時間は鬱になる(鳴らない時間をうまく活用すればOK)
  • 交通事故のリスクがある
  • アプリの不具合で配達が難しい場合がある(全てをスマホで完結させるためアプリがダウンすると配達できない。)
  • Bad評価をくらうと悲しい(自分に非がなくてもBad評価を貰う事アリ。)
  • 周囲の目が気になるような場所に行くことも(周りがスーツだらけでこっちは汗ダク((笑))
  • 駐車違反切符を切られる危険性がある(自転車の場合はを持ってかれる危険性がある)
  • Uberの方向性でスグにでも配達環境が変わる(アプリの仕様や配達料金etcがちょこちょこ変わる。)
  • 誰かと一緒にワイワイする仕事ではない(どちらかと言うと一人でコツコツとこなす仕事)

ウーバイーツでの配達はデメリットもたくさんあります。その中でも1番リスクと言えるのが、、、もちろん「交通事故!」これだけは絶対に起こしてはいけないものです。「時給をUPさせるためには早く配達しないといけない」「客の事を思って温かい料理を運ぶには早く届けなければいけない」そんなジレンマがあるわけなんですが、安全運転を絶対としてできない人は副業でウーバイーツをするのは止めておいた方がいいです。一生の後悔になるかもしれません。

ただ、どんなに安全運転をしようと起こる時は起こってしまうのかなと、、、気をつけましょう。

次のリスクが「駐車違反切符を切られる危険性がある(自転車の場合はを持ってかれる危険性がある)」で、どー考えてもバイク・自転車を駐車するスペースがないお店や家があります。こんな時にどうするのか?これは慣れとノウハウである程度は大丈夫ってのもありますが、それでも駐禁を切られる危険性は常に付きまといます。

まとめ

2019年5月にニューヨーク証券取引所でUberが上場したのもありますし、今後はどんどんエリアも拡大されウーバイーツが日常に溶け込んでいくものと思います。そんなウーバイーツでの配達は個人差あるものの時間を売るバイトより得られるものが大きいのかなと。これは例え起業を目指さない人であっても同じだと思います。これが300回配達を終えた僕の感想。

それなので次なる目標は俺はゴールドパートナーになるってことで(笑)基準が厳しく、ある程度戦略が必要なのも分かりますがブログネタにもなるのでここを目標にして頑張っていきたいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事