[ワーホリ・旅行]短期でオーストラリに滞在行するならプリペイドSIMカード(携帯)で決まり

旅行やワーキングホリデイでオーストラリアに!そんな短期〜中期でオーストラリアに行く人にオススメしたいのが空港で簡単に購入できるプリペイドSIMカード。

あなたが日本で使っているスマホ(シムフリー限定)にSIMカードを差し込むだけでオーストラリアでも使えるようになります。

なぜプリペイドSIMカードがオススメなのか?プリペイドSIMカードの契約方法、使い方、日本でモバイルWi-Fiをレンタルした時との料金比較など、プリペイドSIMを使うための知識をまとめました。

スポンサーリンク

短期〜中期滞在オーストラリアにプリペイドSIMをおすすめする理由

 

1週間の旅行、1年〜2年のワーキングホリデイなどの短期〜中期でオーストラリアに滞在する場合、長期契約の必要ないプリペイドSIMカードが断然おすすめです。プリペイドSIMカードの魅力を紹介していきます。

長期契約が必要ない

上にも書きましたが、長期契約なしでオーストラリアに到着したその日から使えます。プリペイドSIMカードはチャージした分だけを利用する事ができ、チャージしなければ使えなくなるだけです。

帰国時に解約する手間もなく、飛行機が離陸する直前まで利用できます。

チャージはとっても簡単

リチャージは10$〜クレカでも銀行引き落とし(ワーキングホリデイなどの中期の人)でもできます。この2つの方法ではリチャージをインターネット上で完結できるので楽チンです。

わたしは現金で支払いがしたい!っという僕と同じ感覚の人はWoolworthCools、Kmartなどなどのスーパーのカウンター、ガソスタ、携帯ショップetcでバウチャーチケットを購入できます。チケットには14ケタの数字が印字されていて、それを入力する事でチャージが完了します。

※プリペイドSIMカードの携帯電話会社webサイトは通信量ゼロで利用できます。

節約したい人にもおすすめ

中期のワーキングホリデーや留学でオーストラリアに行く人はおそらく節約したいと思っていないでしょうか?オーストラリアでは無料Wi-Fiがありとあらゆる場所で飛んでいます。

念のため通信できる環境だけは整えておき、無料Wi-Fiを積極的に利用する事でムダな通信料金を払わずに済み、節約になります。(SIMを契約しているだけで基本料金が取られる)

無くした壊した新しいの買おう

できれば起こって欲しくはないですが、携帯電話を盗まれたり、水没でSIMカードをダメにしても新しいのを購入すればOKです。SIMカードを悪用されたとしてもチャージしている分しか使われる心配はありません。

これがもし契約したSIMカードの場合、迅速な対応が必要(ストップするなど)で、もし英会話が苦手だとストップすのにもかなり苦労すると思います。また、電話もSIMカードもないのに契約は生きているから新しいSIMカードが届くまでスマホが使えない。なんて事になります。

SIMロックが掛かっているスマホでもテザリングを利用すれば使える

ドコモ、ソフトバンク、auのスマホには当初SIMロックが掛かっています。この場合、他社のSIMカードを挿入しても使えませんが、Wi-Fi接続とBluetooths接続は可能です。オーストラリアの携帯でテザリングを利用、SIMロックの掛かった日本のスマホでネットを使う。携帯の2台持ちで普段から使っているスマホをオーストラリアで利用することができます。

 電話番号による発信はできません!インターネット接続のみ可能。LINE、Instagram、Twitter、Skypeなどが使えます。

日本でグローバルWi-Fiをレンタルするより圧倒的に安く、通信環境も良い

日本から海外に出る時によく目にするWi-Fi端末レンタルサービスは、通信量に対しての料金がベラボーに高く、通信速度も極端に遅いです。(通信速度はプランによって変わる。ただし速度を上げれば料金も上がる)さらに、紛失した、壊れた、返却が遅れたなどの理由で追加料金を取られる事もあります。そして、Wi-Fi端末は荷物になります(笑)

Wi-Fi端末レンタルサービスは日本で日本語で契約するので安心感があるかもしれませんが、オーストラリアの携帯会社は日本と同じように安心です。

僕がもし使う事があるとすれば、「1日しか海外にいない(ピーチの日帰り国際旅行など)」「めちゃくちゃ怪しい国に行く」「空港到着後に一刻を争う程時間がない」こんな時でしょうか?まぁ使いません。

※Wi-Fiレンタルとの比較は後述しています。

オーストラリアはシムフリーのスマホが安い

最近では日本もシムフリーが主流になりつつ?あるような気もしますが、まだまだ。シムフリーのスマホは安くても1万円以上はしますね。オーストラリアではわずか40〜スーパーでも売ってます。シムフリーなので1台持っていると他の国に行っても、SIMカードを差し替えるだけで使えます。

プリペイドSIM vs Wi-Fiレンタル 比較

※2019年の料金比較です。

Optus イモトのWi-Fi(4Gプラン)
1日利用 10ドル以内 1260円〜(500MB/日)
2日利用 10ドル以内 3070円〜(500MB/日)
7日利用 30ドル〜 1万3150円〜(1260円/日〜)(500MB/日)

 

比較するまでもないくらい圧倒的な料金差があります。プリペイドを利用した時の30ドル程度は、1日500MB利用することを考慮しています。

ザックリとトータルで話すと、2日以内ならWi-Fiレンタルもアリ。3日以上から圧倒的にプリペイドSIMを購入した方がお得で安心です。さらに、シムフィリースマホを持っていなかったとしても、オーストラリアで購入してプリペイドSIMを使った方がお得。(上のレンタル料金には安心パックなどの補償パックは付いていません。補償を付けるとさらに200円〜/日以上の料金が掛かります。)2日以内としてますが、日本を出国する日も含まれるので実質1日になってしまうでしょう、、、

レンタルWi-Fiのポイント
  • 日本で日本語で契約できる。
  • オーストラリアからさらに他の国に周遊の旅をする場合、そのまま一つの端末でいろんな国で利用できるプランがある(料金はさらに跳ね上がるので注意)(そこを踏まえてもそれぞれの国でプリペイド契約するのがオススメ)
  • 複数の人で利用できる(容量的に複数人で利用するとすぐに無くなるので、これもかなり現実的には微妙)(テザリングも複数人で利用できる)
  • 飛行機の遅延で日数が伸びると追加料金
  • 安心パックを付けると追加料金
  • 予め申し込みをしておかないと空港で契約できない事も

 

メリットと思えるのは日本で日本語で契約できることと、国をまたいでもそのまま使えるプランがある。ただし国またぎプランはめちゃくちゃ高くなるのでやっぱりプリペイドがいいのかなと、、、

オーストラリア・プリペイドSIMカードの購入方法

 

ぶっちゃけ英語が全くできなくても空港の携帯電話ショップでプリペイドSIMが欲しいと言えばスタッフが設定まで全て勝手にやってくれます(笑)スタッフも慣れてますね。この時必要なのはパスポート、クレジットカード、滞在する予定の住所だけ。

街のスーパー(WoolworthCools、Kmart)では販売しているだけなので設定までは基本やってません。空港で購入するが良いでしょう。

ただし、19時くらい(空港によっては17時とか)にはお店が閉まってしまいます。

あとがき

 

短期〜中期のオーストラリア滞在でも、シムフリー端末を用意して是が非でもプリペイドSIMを利用した方が安心で通信速度も早く、通信量も大幅に増えて、料金も圧倒的にお得です。

レンタルWi-Fi唯一のメリットと言える日本で日本語で契約できる点についても、スタッフが設定まで全部してくれるのでなんとも言えないのかなと、、、

英語ができなくても、スマホの知識がなくてもちょっと勇気を出せばOK。浮いたお金で美味しいご飯を食べて下さい。( ◜ᴗ◝)و

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事