エアーズロックにはたくさんハエが飛んでるので注意です

エアーズロックにはハエが多いと言うけれど、実際に行ったら凄まじい数のハエがいたので注意です。特に夏に行こうと考えていいるのならハエ対策だけは万全にするのがオススメ。

スポンサーリンク

エアーズロックのハエ達は喉が乾いてる

 

一昔前、「世界の中心で愛を叫ぶ」で有名になったエアーズロックことウルル。ホントに楽しみにしていたのですがまさかここまでハエがいるとは、、、僕はオーストラリアに来てだいぶ経っていたのにも関わらず2回目のオースバエでビックリしました。

エアーズロックはオーストラリアのほぼ中央、砂漠地帯のど真ん中にあります。エアーズロックと言えばサンセット、赤く染まるエアーズロックは見惚れるほど。僕が行ったのは2015年2月で、日本は冬ですがオースは夏。オースの夏はヤバイです(笑)

9194d3fb389c2ce4da4d8dbca7ef2c1d.jpg.pagespeed.ce._ujKY--AQU頭に止まる無数のハエたち

ハエよけネットがないと「目、口、鼻」の水分を求めて永遠とやって来ます。

IMG_5315快適ハエよけネット

まさかサンセットを5分だけ見るなんて事はないと思うのでハエ避けネットは絶対に持っていた方がいいと思います。オススメというか必需品。もし買い忘れた時はエアーズロックリゾートに10ドルくらい売ってるのでそこで買えばいいと思います。乾燥大陸オーストラリアに生きるハエさん達は喉がカラカラですよ(笑)

 

ちなみに、夏は冬に比べてハエさん達の数が大幅に増加、その代わりと言ってはなんですが観光客が少ないということらしいです。ホテルはガッラガラでした(笑)冬もハエはいるのでゆっくりと静かにエアーズロックを楽しみたいなら夏もアリかもしれません。ただ、ウルルとカタジュタを見ながら食べるアウトサイドディナー楽しみたい人は冬がいいかもしれません、、、もう無理〜ってなります。まぁそれも一つ思い出と思うなら逆に僕はオススメできます(笑)

あとがき

ゆっくり長い時間眺めたいだけに虫嫌いな人もそうでない人も砂漠のハエさん対策は絶対した方がいいと思います。とりあえず用意して大丈夫そうなら外すとか、写メ撮る時だけ外すとか、対策なしでは流石に仲良くとはいかないくらいの数が飛びまくってました。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事