営業25年の喫茶店の魅力

 

空前のカフェブームがずーと続いていますが、飾らない古くからある喫茶店も負けていません。ふと入った喫茶店の魅力を記事にしてみました。

スポンサーリンク

レトロ&暖かい・喫茶店ならでは魅力

 

レトロで暖かいお店、それが個人経営の小さな喫茶店。

 

 

 

この看板を一度は目にしたことがあるんじゃないでしょうか?飾ることもせずこの存在感。お店の名前が書いてあればそれでOK。

 

常連がたくさんいて、この喫茶店から数々のドラマ成功者を生み出した。そんな過去をなんとなく想像してしまいます。「あー喫茶店があそこにあるんだなー」と分かるこの存在感は素晴らしい。

 

 

店内はゴチャゴチャせず一切の無駄がない。目を奪われるものが多い最近流行りのカフェと違い、己の心と向き合える空間が広がっています。

 

 

ミルクもガムシロップもお好みで調整できるスタイル。昔ながらの日本人的アイスコーヒースタイルと言ったらこれです(笑)

 

 

アイスコーヒーだけと思い入ったのですが、いつの間にかオムライスがテーブルの上に(笑)普通に超美味しそう♪

 

しっかりした食事ができるのも喫茶店の魅了。手作りの味を食べたい日もみんなあることでしょう。

会話が楽しい

おばちゃん
いらっしゃい。どこから来たの?
アーミー
たまたま看板みて入っちゃいましたー
おばちゃん
あらそう、お腹減ってるんじゃないの?
アーミー
はい(スマイル)ペコペコです。(スマイル)
おばちゃん
はい、メニューどうぞ。
喫茶店のおばちゃんはどこもこんな感じ。都会のコンクリートジャングルで疲れた心を、暖かみのある接客が癒してくれます。
ただ、いつの間にかオムライスが、、、営業力も最高レベルです(笑)

まとめ

 

個人経営のふるーくからある喫茶店では、親近感のある暖かい接客がどこも売りだと思います。人気のチェーン店もいいですが、たまには昔ながらの空間もどうでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事