口唇ヘルペスウイルスとうまく付き合いながら共に生きる話

こんにちは、ヤマユウです。

僕は高校2年の時にヘルペスになり、あれから約15年以上ヘルペスと共に人生を過ごして来ました。今ではヘルペス再発を合図になるべくゆっくりするようにしています。

さらに詳しい情報は「口唇ヘルペス」で検索すればたくさん出てくるので、この機会にこちらの記事とさらに詳しい口唇ヘルペスの症状や対策について調べてみて下さい(笑)この記事は僕のヘルペスと生涯を共にする考え方について書いています。

スポンサーリンク

ヘルペスの症状について

僕が初めて感染した時は高熱(41度)が出て、声もろくに出ない状態に。はじめこそ少し高い熱が出ているだけ、2、3日で治るだろうと思い込んでいたのですが、声が出なくなり学校を休んで病院に行ったところヘルペスと診断された流れです。ヘルペス初感染はかなり重たい症状が出ます。感染源はおそらく、、、、あれ、、、、自分でも分かっています(笑)相手にはバレないように隠し通しましたけど。

 

病院に行って薬をもらってゆっくり休めば1〜2週間で治ります。再発も同じで、ヘルペスの症状を確認してからヘルペシア(第1類)アクチビア(第1類)などの薬を塗って2、3日で症状が治り、1〜2週間で完全に治ります。ヘルペスに感染して何回か再発を繰り返していると、いつ症状が出るか?が分かるようになってきます。普段は腰の骨で(僕の場合は左後ろの腰骨にいると思われる)ゆっくりしているらしいのですが、自分が弱ると動き出します。

 

僕の場合はまず腰の辺りが脱力し、その数時間後に唇付近が微妙にチクチクしだす。この段階では外見から症状が分からなくても本人は今日の夜にはブツブツができる!!っと確信しています。さらに自分では身体が疲れているなんて全く思っていない。この症状が出る直前の段階で薬を塗り休めばほとんど症状を出さずにヘルペスウィークをやり過ごせます。こんな風にヘルペス再発はSOS信号、疲れた体を早期に休ませる合図として僕は活用してます。

 

ヘルペス再発で他の病気に掛かる事はあってもヘルペスによって身体に及ぼす影響は初感染時の1回とブツブツチクチクのみです。僕の場合は厳密に言うと活動開始と共に力が入らなくなるのでその影響が出ます。あとはチクチクしてブツブツができます。ちょっと顔面が悪くりますが元々が悪いので関係ないでしょう。女性は化粧ができなくなったりと色々と厄介なようです。女性にはツライかもしれません、、、

ヘルペスを人にうつさない意識

ヘルペスウイルスは常に活動している訳ではなく、あなたが弱ったタイミングで活動を開始し、そのタイミングで人に感染する恐れがあります。また、あなたが弱っていても向こうが弱っていなければ感染率は低いそうです。空気感染はしません。同じコップを使うとか、タオルを使うとか、キスとか、こんなんでうつります。そしてヘルペスウイルスは外見上の症状が出る前から活動開始しています。この活動開始の瞬間をとにかく早く察知するようにしています。

 

ヘルペスを人にうつさない為にあなたができる事は、とにかく再発の合図を早期に察知し、その瞬間から感染するような行動を完治するまでの2週間くらいは避ける。

 

悪いヤツではありませんが、ヘルペスと共に生きるからには人にうつさない意識は絶対に必要だと思います。

僕のヘルペスに対する考え

ヘルペスウイルスは一度感染すると死ぬまで一生共に生きていくことになります。そうです。あなたもう一人の体ではありません(笑)感染から数十年、ヘルペスは僕が弱っている事を知らせてくれる最高のパートナーとなりました。誰からも分からない情報を体の内部から教えてくれるのですから感謝感激。長い時で1年以上再発しなかったり、数ヶ月おきに再発したりとまさに気まぐれ野郎です。季節の変わり目は再発率が高いように思えます(特に夏から秋、、、夏バテか?)。再発する度に初感染の出来事を思い出します(笑)

 

口唇ヘルペスと一緒に生きていくにはウイルスとうまく会話し、人にうつさない意識と行動を取る。そうすれば24時間365日対応のあなただけの看護婦さんになってくれてます。むしろ愛着すら湧いてくる(笑)もしヘルペスに感染して再発で悩んでる人がいたら、早めに一緒に生きていく道を選びましょう。最近顔出さない〜とか、、、僕はこんな感じでヘルペスと仲良くやっています。

口唇ヘルペス!これからもよろしく( ◜ᴗ◝)و

スポンサーリンク
おすすめの記事