マリーナベイサンズホテル屋上プールから見れる絶景を時間帯別で比較☆各時間帯のポイントも紹介(早朝、日中、夜)

シンガポールにあるマリーナベイサンズホテル屋上プールから見れる絶景は時間帯でその味が違うので比較してみました。

スポンサーリンク

世界一高い天空プールから見る摩天楼

シンガポール・マリーナベイサンズホテルにある屋上プールは宿泊者のみが入れる世界一高い所にあるプールです。はっきり言って、
「人間がこんなものを作り出していいのだろうか?」と思ってしまいました。

私の感想はさておき、プールは地上200m、

ビルの57階にあり、これは新宿東京都庁とほぼ同じ高さ(202m)w(*゚o゚*)w
この屋上プールから見る東南アジア最大のビル群は想像を絶する絶景としか言いようがありません。

57階、屋上プールへの入り口です。なんだか緊張します。

水面に浮き上がるビル群
想像を絶する絶景で心に矢が刺さります。

夜の屋上プール

シンガポールは年間を通して平均気温が26〜27度と高いので夜でも普通にプールに入れます。また地上200mだけあって夜風がとても気持ちいいですよ。

夜でも裸で寝っ転がってますね〜。さすがシンガポールです。

プールで泳ぐ人もいますが大半は写真撮影(笑
まぁここに来たらそうなりますね。

天空プールから見る摩天楼はやっぱり夜がNO1
初めて屋上プールに行くのは夜がオススメです。


プールと反対側の夜景

写真ではいまいち分かりにくいですが、昼に同じ光景を見るとこれまた驚きが!

プールサイドには人がいますがこちらはガラガラ、日中はここも満席状態になっていました。

日中の屋上プール

日中は太陽との距離が近いので日焼けを気にする人は気をつけた方がいいです。

いったい全体あの人は落っこちないのだろうか、、、

大丈夫でした(笑

日中は結構人がいます、
1眼レフなどの高機能なカメラを持っている人なら夜でもキレイな写真が撮れますが、スマホだと意外とそうはいかないもの。

記念に1枚パシャ
「顔が暗〜い」
なんて事にならないためにも

スマホで写真を撮るなら日中がオススメです

プールと反対側の景色、写真下の方には「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」が見えます。
また、奥で光っていたものの正体は無数の船が停泊している光でした。さすがは東南アジア最大の貿易国です。

早朝の屋上プール

昔から「早起きは三文の徳」と言われていますが、この時間帯は一番人が少なく、思いっきり天空プールで泳ぎたいなら早朝です

この日は思いっきり泳ぎたいヨーロピアンなおじさんが一人と、複数名のみで場所によっては天空プールを独り占めなんて事もできました。

おそ勉の一押しは夜でも日中でもなく、早朝の屋上プール☆空は明るいのにビルの光がきらびやかで、

このアンバランス感がなんだか優しい摩天楼を生み出しています

たった数分でここまで明るくなりました。最高です( ๑ ╹ ◡ ╹ ๑ )

天空での食事

屋上にはレストランもありました。

ここで食べるご飯と言ったら、もう最高

でも私にはこちらの方が勝ります(笑
お値段は少し、いやかなり高いです、、、

屋上での支払いについて

ルームキー、クレジットカード、ニコニコ現金払い全て対応です。

バスタオル

屋上プールを利用する人用に無料でバスタオルが配られています。ナイスなサービスですね。

入場にはルームキーが必要

チェックインの時に説明されますが、屋上エリアにチェックインするにはルームキーが必要です。

マリーナベイサンズ屋上での喫煙はスモーキングエリアで

屋上プールとは逆側にあります。
日中は天空プールを利用する人とスモーキングエリアの広さがイマイチ合っていないので、結構混みます、、、
もちろんいろんな国の人が集まっているので楽しい喫煙になることも。オーストラリアの女の子と話が弾んでしまいました(照(∪´>‿<`) 交際交流のチャンスですよ。

おすすめアイテム

  • セルカ棒
  • プールに入りながら摩天楼と一緒に撮影する時に大活躍しますよ。

    最近は水辺撮影でも安心な防水タイプもありますが、そこまで激しい動きをすることもないので安いので問題ありません。
    むしろ、防水タイプじゃない方がキレイな写真が撮れますよ。「ミラー付き」がオススメです。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    Bluetooth セルカ棒 シャッター付き 送料無料 2017年最新自撮りセッ...
    価格:1280円(税込、送料無料) (2017/6/27時点)

  • スマホ防水ケース
  • 泳ぐ時もスマホを手離せない人にオススメ☆

    泳がなくてもプールサイドは水浸し、あれば安心です。ルームキーと小物を入れれば手ぶらで屋上プールにいけちゃいます。
    しかしいざ撮影の時はキレイに撮るためにもケースから出した方がいいですよ。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    スマホ 防水ケース iPhone7 Plus iPhone6s iPhone 水...
    価格:2480円(税込、送料無料) (2017/6/27時点)

    サイズは間違えないようにしましょう。しかし、「大は小を兼ねる」と言うコトワザもありますよね(笑

  • サングラスなど席取り用の小物
  • 小物があれば席取りに使えます。私はTシャツを席取りにしましたが、ここは地上200m、風で飛ばされプカプカ浮いていました。「ポケットティッシュが使えるんじゃないか?」と言う声も聞こえますが、ここでは微妙です。

    欧米のみなさんは携帯を置いていました、が、念のため用心は必要だと思います。

    スポンサーリンク
    おすすめの記事