想像を超える絶景と非日常的な時間を味わえる5つ星ホテル『マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル』泊まって来ました。

シンガポールの『マリーナベイサンズホテル』に泊まって来たので、部屋の写真やWi-fi事情、カジノについてなど小ネタをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

シンガポールの『マリーナベイサンズホテル』に泊まって来た

テレビでもちょくちょく取り上げられる『マリーナベイサンズホテル』、最上階は船型で、屋上には天空のプールがあるのは有名な話ですね。
ホテルが傾いているなんて話もあるようですが、全く感じませんでした。さすがは5つ星です。傾いてないか(笑

はっきり言って「想像を絶する、非日常的な時間」を過ごせると思います。そんな5つ星ホテルの小ネタについて書いているのでこれから行く人は参考にしてみてください。

マリーナベイサンズホテル部屋の雰囲気

今回泊まったのは13階、廊下がライトアップされてる。

プレミアムツインルーム、1泊3万円前後で宿泊できます。

机が広いですね〜

洗面台も2箇所あります。さすがは5つ☆ホテル。

ペットボトルの水ももちろん無料でついて来ました。

普通の人が宿泊すのはこの辺り部屋がオススメです。さらに上のランクに行くと1泊5万円とか、、、それ以上、、、
どの部屋に泊まっても宿泊者は屋上プールを利用する事できます

マリーナベイサンズ一番の見所『屋上プール』

マリーナベイサンズホテルに宿泊する最大の理由はこの屋上プールで遊ぶためと心から思いました。


最上階のエレベーターホール

屋上プールへの出口を前に心が踊ります。この後

想像を絶する光景と非日常的な時間を楽しむ事ができますよ。

詳しくはこちらのページに書いてありますのでどうぞ

サンズ・リワーズクラブカード

カジノで遊ぶ時に勧誘されたのですが、このカード、作った方が断然お得です。

<写真>

マリーナベイサンズ内のショッピングや、カジノで遊んでもポイントを貯める事ができるのですが、作った時点でボーナスポイントが付いてきます。
このポイントを利用して無料の食事ができてしまうので、作らない手はありません。

ちなみにカードは2種類

Sands Rewards Club(サンズリワードクラブ)ーサンズカジノ会員
Sands Rewards LifeStyle(サンズリワードライフスタイル)ーサンズグループ会員

がありますが、カジノを利用するな「リワードクラブ」
そうでないのなら「リワードライフスタイル」

といった感じです。「リーワドクラブ」にしておけば両方の機能を有します。

マリーナベイサンズホテルの「wi-fi」は問題なく使える

マリーナベイサンズでは誰でも使える「フリーwi-fi」と宿泊者だけが使える「宿泊者専用wi-fi」があります。
ただどちらもLINE通話程度なら問題なく使う事ができました。

宿泊者専用回線の方は追加料金で高速にする事もできますが、普通に使うぶんには問題ないですよ。

ショピングエリアにある逆噴射型噴水

ショッピングエリアはベネチアをイメージした作りになっていて、逆噴射型噴水が。

ショッピングは一流ブランド品ばかりで高いですが、こちらは無料。
面白いので1度は見てみるといいですね。

ルームクリーニング後に可愛い〇〇○○○がいた

屋上プールで遊んだ後に部屋に戻ると、ルームクリーニングがバッチリ、さらに

キュートなワンちゃんがいました。

朝食はロビー前にあるビュッフェ形式で

とにかく種類が多いです。そしてどれもこれも美味しい。

見ているだけで爽やかな気分に

チーズ好きの人は必見!多種類のチーズがありました。
こういう時にたくさん食べないと、チーズって意外と高いですよね(笑、

マリーナベイサンズ前の広場がムード抜群☆

ここは宿泊しなくてもゆっくりのんびりする事ができます。

天にも伸びるビルの夜景を前にゆっくりする時間は最高ですね。

カジノについて

マリーナベイサンズホテル最上階にある屋上プールはカジノがあるから運営できているそうです。
少しくらいは遊んで行ってもバチは当たらないでしょう(笑

ドレスコードも

ビーチサンダルなどのビーチウェア、スリッパ、カジュアルショートパンツ、袖なしシャツでの入場はお断りしています。

普通のカジュアルな格好であれば大丈夫です。入場の時にはパスポートが必要なので忘れないようにしましょう。

今回マリーナベイサンズホテルに泊まれた理由

今回私の友人があのマリーナベイサンズホテルから宿泊無料招待をもらい、それに乗っかる形で泊まって来ました。あなたは仏様です。(笑
無料招待について詳しくはこちらのブログをどうぞでじねこ.com

関連記事マリーナベイサンズホテル屋上プールから見れる絶景を時間帯別で比較☆各時間帯のポイントも紹介(早朝、日中、夜)シンガポールで夜お酒を飲むには?日本とは少し違うシンガポールの『お酒事情』には注意が必要!

スポンサーリンク
おすすめの記事