留学中にスマホを2回盗まれて分かった海外旅行保険(携行品損害)のポイント!!

海外旅行保険の中でも携行品損害のポイントを解説。スマホを盗まれたのに保険が降りない、、、こんな事にならないよう渡航前には保険のポイントを抑えておきましょう。

スポンサーリンク

海外旅行保険で抑えておきたいポイントとは?

海外旅行、留学に行くと多くの人が海外旅行保険に入ります。契約書の内容をしっかり隅から隅まで読むのがベスト!しかし、私のように細かい字がキライな人は内容を良く知らないままに渡航する人も多いハズ、、、

海外でトラブルに遇う確率は28人に1人と安心できる数字ではありません。その中で占める割合が多いのは治療・救護が約49%、次いで2番目に多いのが携行品被害で約33%を占めます。

私は2度スマートフォンを盗まれた経験がありますが、2回とも保険金が降りませんでした、、、、あのとてつもなく細かい字で書かれた海外旅行保険の契約書を確認してないなかったんです。そして分かったのが、

どんな場合に保険が降りないのか?を確認する事が大事です。特約と免責事項なんて言い方をしたりします。

置き忘れや紛失で保険金は降りない

あなたのカメラ、スマホ、パソコンをあなたが紛失した場合は保険金が降りません。少し説明すると、

「バスにスマホを忘れて、後で気づいたのでバスに戻ったが無くなっていた」

この場合は盗まれたのではなく「置き忘れ」たことになるので保険金は降りないんですね。私の1台目のスマホはありのままの上の事を伝えたらダメでした、、、

「ひったくり」「置き引き」と、あなたに過失がない場合に支払われます。
この時は本当にショックで、結構高いお金を払って保険に加入していたのにも関わらず、いざ困った時にさらに自分の不注意の傷を広げる結果となりました。

ただ、考え方を変えると「盗難されたら保険金は降りる」つまり「あなたの携行品を忘れさえしなければ保険に入る意味はある」ということになります。

◯日までに申請しないと保険金は降りない

携行品トラブルに遭ったら発生してから30日以内に保険会社に連絡するようにしましょう

これもしっかりと規約に書いてありますね。やむを得ない理由がない限りは連絡しないと保険が降りません。私のように盗難から3ヶ月後に連絡しても遅いですよ、、、これが2台目のスマホ、、、多くの保険会社は30日以内のようですが、会社によっては日数が違うこともあるかもしれないので事前に確認するのが良いでしょう。

ここで?が浮かんだ人も多いと思います。なぜスマホを盗まれて連絡しなかったんだ、、、
最近のスマホには逆探知機能が付いてますね。この時私は留学中でしばらく現地にいることが確定していたので、逆探知で犯人を捕まえてやろうと考えました。もっと言えば国際電話料金の高さに恐れをなしていた部分もあります、、、
私は逆探知をしI Phoneの動きからおそらくタクシー運転が盗んだのだろうと分かり、半径500m圏内まで犯人を追い詰めました。しかし、結局捕まえる事はできず、、、そんな鬼ごっこをしている間にいつの間にか時間が過ぎていたのです。

みんなは私みたいな無駄なあがきは止めてさっさと連絡してくださいね^^

ポリスレポートが必要

保険申請時にはポリスレポートが必要です。ポリスレポートとは事故証明書のことで、盗まれた事実を証明してくれる書類のことを言います。ちなみにポリスと書いていますが公的期間であれば警察でなくでも大丈夫。ですが現実的には警察しか考えられませんね。特にツーリストポリスで作成してもらうのが良いようです。

ポリスレポートがないと保険申請が難しくなり、最悪保険金が降りません。しかし、「時間がなくて作れなかった」「相手にしてくれなかった(国によっては全然あります)」「出来上がるまでに時間が掛かった」などやむを得ない事情があればなくても大丈夫。ですが保険会社への連絡を怠ると保険申請はかなり難しくなるので注意が必要です。

ポリスレポート作成時の注意点

あなたの携行品は「盗難された」のであって、「置き忘れた・紛失」ではありません。ポリスレポートを作成してもらう時はしっかりと「盗難された」と書いてあるかどうか?確認するようにしましょう。

ポリスレポートを作成するためにはパスポートが必要です。

携行品の領収書も必要

保険申請時には携行品の領収書も必要です。
ただ無くても大丈夫、誰もがみな領収書を保管はしていないですからね。しかし、あれば保険が降りやすくなるってカラクリがありますよ。レシートはできる限り保管して置くようにしましょう。

なんと不注意による破損はOK

先に「置き忘れ」つまりあなたの不注意で紛失した場合は保険が降りないと書きましたが、不注意によって破損した場合はOKです。「スマホ落として画面が壊れて電源も入らなくなったー」「海にスマホ落として壊れた〜」って時ですね。

置き忘れも同じ不注意に思えますがこちらは保証されません。

スポンサーリンク
おすすめの記事