英会話に自身のない人はワンちゃんと英語でおしゃべりすればOK

英語で話すのが恥ずかしい、もっと英語を話す環境が欲しい、そんな人はワンちゃんと英会話してみたらどうでしょうか?

あなに自信をくれて癒してくれる。それがワンちゃん英会話!

スポンサーリンク

ワンちゃんと一緒に英語を勉強する方法

動物が好きな人なら一度は「どうしたの〜」とか「よ〜しよしよし」なんて話しかけた事があるでしょう。

なぜか?

動物と話す時は恥ずかしくないから。

内気な人でも気軽に話せて癒してくれるのがワンちゃん。ちょっとだけ英会話の自身を付けるためお手伝いしてもらえばきっと相手が人になっても話せるようになると思います。

ワンちゃん英会話の方法

特に準備するものはありません。思い切って英語でワンちゃんに話しかけてみましょう。

  1. ペットや野良猫、動物園などで動物を見かけたら英語でしゃべりかける。
  2. ネイティブになりきって自分の英語力を全部出し尽くす。
  3. 最後にThank you.

これだけです(笑)

結局なぜに恥ずかしいのかって英会話の経験が足りなくて慣れてないってのが大きいのかなと思います。一人ボソボソするのと、誰かと話すのは別と考えて間違いないです。

ワンちゃん英会話で使える表現

bowwow

ワンちゃんの鳴き声は日本語では「ワンワン」ですが、英語では「バウバウ」

nownow

日本語で言う所の「よしよし」にあたります。慰める時の表現で、ワンちゃんがドアにぶつかって痛そうにしてたら使ってあげると喜ぶでしょう。「今、現在」の意味はここではありません。

Good boy./Good girl.

褒める時に使う表現です。ワンちゃんがお座りに成功したら使いましょう。

You’re so cute.

なんて可愛いの〜、です(笑)さらにハグしながら「I love you.」これで最高の愛情表現になります。

Tickle, tickle.

日本語の「コチョコチョコチョ」です。これをするとワンちゃんはめちゃくちゃ喜んでくれます。

ワンちゃんと英会話の特徴

いいポイント
  • とっても楽しい、癒される。
  • どんな事でも話せる。(マジあいつムカつく〜とか(笑))
  • 英語で話す事でいつの間にか少しだけ自身がつく。
    微妙なポイント
    • 友達や家族など、自分以外の人がいたら少し恥ずかしい。
    • 間違った英語を使っても指摘されない。
    • 聞いてくれないとめちゃくちゃ悲しい。
    • ペットがいない人は野良猫探しが大変。

      ワンちゃん英会話の注意点

      ワンちゃんはと〜ても優しいのであなたの英語が間違っていても指摘はしてくれません。(まれにワンワンと指摘してくれる事もあるかも???)

      それなので自分で使いたい単語だったり文法だったり、正しく覚えた英語に意識を寄せるとより勉強になります。

      ワンちゃん英会話のまとめ

      結局なぜに恥ずかしいのかって英会話の経験が足りなくて慣れてないってのが大きいのかなと。一人ボソボソしたり勉強するのと、誰か相手がいた上で話すのは別と考えて間違いないです。

      これで英語力が向上するのかって言われると微妙だなーってのはありますが、自身がついて癒される。近くにアニマルがいたら是非試してみてください。

      最後にThank you.言うのは忘れずに(笑)

      スポンサーリンク
      おすすめの記事