英語力をUPしたいならフォニックス(発音)を徹底的に勉強するべきと思う理由とフォニックスの魅力

中学生の頃This is a pen.から始まり文法主体で学んできた人が大半。僕もそうでした。実際英語を使う人達に囲まれてみると日本人は英語を正しく発音することができるフォニックスから徹底的に勉強するべきだと、そう思った理由と、フォニックスの特徴についてシェアします。

 

この記事を読めば絶対にフォニックスを勉強したくなります。

スポンサーリンク

フォニックスを徹底的に勉強しなければいけない理由

フォニックス(Phonics)はいわゆる発音の学習方法。アルファベットと発音のルールを学ぶことで単語や文章を正しく発音できるようになります。日本人はカタカナ英語を耳にしてしまったがために正しい発音ができない。そもそも日本語にない発音が英語にあるため発音できない。英語のリズムと日本語のリズムが全く違うため発音できない。

 

おそらくこの記事を読んでいる人も壁にぶち当たりこの記事を読んでるのかなと思います。フォニックスを勉強したことがなければ可能な限り早くはじめ、徹底的に体に覚えこませましょう。受験のための勉強と違い後悔は絶対しません。

 

しっかりした発音ができるようになれば英語の見方が180度変わります。

 

そして、この記事をおそらく読まないであろう今の日本の子供達は高確率でフォニックス(発音)を猛勉強してきます。子供達はいとも簡単に英語の発音を身につけて社会に出てくると思われます。昭和、平成で勉強してきた人の発音と、令和に育った子供達の発音では歴然な差が生まれていることでしょう。

 

発音の差はそのまま使える英語なのか?使えない英語になるのかの差でもあります。どんなにTOEICの点数が高くとも、スラスラ発音できる人には勝てません。なぜか?読み進めてみて下さい。

文字と音について

フォニックスを完全にマスターし、発音を聞き分けられれば聞いたことも見たこともない単語や文章が文字で書けるようになります。同じように初めてみる単語の意味は分からずとも読めるようになります。

 

例えば日本語で「明日の天候はに下降傾向と予想されるが、一部の気象予報士は晴れだと言って譲らない。」と言う文章があるとします。これを日本の小学校2年生が聞いたとして、「譲らない」「天候」「一部の」なんて単語はおそらく知らないでしょう。それでもなんとか「ひらがな」で書くことはできます。

 

英語では「Tomorrow's weather is expected to decline, but some meteorologists say it is sunny.」となります。もしあなたが知らない単語が入っていたとしたら、、、音を聞いて文字が頭に浮かぶ、文字を見て音が頭に浮かぶ、この2つができるのがネイティブです。

 

そして、僕たち日本人でもフォニックスをしっかり勉強すればこの感覚で文字を音にしたり音を文字にしたりできるようになります。これができると圧倒的に有利で、英語の吸収スピードが全く違う結果になってきます。

フォニックスで発音できるのは75%

これはフォニックス(発音)を専門で教えている僕の先生に聞いた話です。フォニックスを勉強すればすべての発音が完璧かと言うとそうではありません。フォニックスを使って発音できるのは約75%で、残りの25%はイレギャラーな単語があるそうです。

そして、イレギャラーな音は覚えるしかありません。

発音が通じないとお互い気まずい

自分では単語の意味が分かりその単語を言っているつもりなのに相手に通じない、、、簡単な固有名詞さえ言えない、、、、こんなことが何万回とあると思います。

 

ツライですよね、、、今まで英語を勉強してきたのはなんだったんだとこうなります、、、

 

フォニックスをしっかりマスターしておけば限りなくゼロに近づいていきます。

発音を改めて勉強したキッカケ

僕が仕事中にあった一つの出来事を紹介したいと思います。

 

ある日、直接の上司(トニー)がこんなことを聞いてきました。

トニー
what do you need?
この時はお偉いさんがチェックだとかなんとかで掃除を任されていました。それなのでホウキが使いたいと
I need a broom.
と言ってはみたものの、broomが通じませんでした。何回も何回も言ってはみたものの通じない、、、結局最後は英会話最終奥義ジェスチャーでその場はなんとかしました。がしかし、broomが通じないのでは話になりません。
この時は[r]の音ではなく、[oo]の部分が発音できなかったようで、[oo]は「ウッ」となる時もあれば「ウー」となる時もあります。
そしてネイティブの感覚からするとこの2つの音は日本語の「」と「」くらいの差があります。これでは向こうからしたら何を言っているのかサッパリンコですね。

こんな簡単な単語でさえ発音ができなければ使えない、このことにショックを受けつつ思ったことが、一体どれだけ使えない単語や知識を持っているんだろうかと、、、

 

それまでは発音が通じなくともなんとか言い回したり、必殺ジェスチャーを使ったり、紙に書いて見せたりと(笑)とにかくその場その場をなんとかやり過ごして来ました。

 

でも良く考え下さい。

 

broomが伝わらないのは使える英語ですか?って話です。間違いなく使えません。僕はこの一件から急遽発音について調べ、フォニックスに出会い、フォニックスの勉強を始めました。

 

この記事を読んでいるあなたも似たような経験があるなら、絶対フォニックスを猛勉強するべきです。

 

発音にはクセがある

英語の勉強で一番いいのは誰かのマネをすることなんて言う人がたくさんいます。これは本当です。日本でも地方の人が方言を使うように英語にも発音のクセがあり、そのクセを直すのはとても難しいです。

 

そもそも僕たちが英語を使う時はカタカナ英語に変換してしまうクセがあります。しかし、カタカナ英語は実際には使えない英語が大半です。

 

自転車の乗り方、箸の持ち方、エンピツの持ち方、どれもこれも人によってクセがあります。クセを直すのは新しく何かを覚えるのより何十倍も大変。それなので一度でも間違った発音で覚えてしまう事は非常に厄介、クセで覚えてしまうとなかなか改善するのは難しいと言えます。

僕が経験した間違った覚え方

僕が高校受験の時に「Mountain」を「モウンタイン」と読んで覚えるよう塾の先生に教えられました。最悪です(笑)

 

他にも、「Restaurant」を「レスタウラント」と覚えました、、、、

 

これはまさしくカタカナ英語で、僕たち日本人がツヅリを覚えるには簡単な方法です。ですが、口に出して使う時は全くもって無意味ですね。さすがにモウンタインと口にする事はないですが、今でもMountainを見ると「マウンテン」と「モウンタイン」の両方が頭に浮かんできます。

 

もしフォニックスをしっかり勉強していたなら、音と文字のルールを知っていたなら、「マウンテン」の音は文字すると「Mountain」にしかならない。だから「モウンタイン」と覚える必要はなかったと言っていいでしょう。

なぜフォニックスを徹底的に勉強しない人が多いのか?

マジックEをみんなが知ってるようにフォニックスはみんな勉強してきてます。

大事なのは、フォニックスを徹底的に勉強し、練習し、身に付けているか?それとも軽く考えて身に付けていないか?の違いです。

 

どうしてもフォニックスの勉強はコドモ英会話のような内容になってしまいます。大人がするとかなり恥ずかしい、、、歌に合わせて練習したり、ブタさんの絵を見ながら鳴いてみたり、口を大きくあけて発音したり、知識を増やすというよりお遊戯会の練習。

 

ビンビン新しい難しい文章を読んで、ドンドン誰かの英語を聞いて、ガンガン問題を解いて、ババーっと単語を覚えて、英語の勉強をたくさんした気になります。

 

実際のところフォニックスの発音ルールなんてそんなにありません。知識としてはすぐに覚えられると思います。

 

しかし、ブタさんの絵を見ながらRed and Blueを30回音楽に合わせて歌うのは大人には酷なんですね(笑)だから軽視されがちなんだと思います。

 

このRed and Blueを本気で練習できた人、子供に返った気持ちで練習できる人、こんな人がフォニックスをマスターできます。

フォニックスを少しだけ紹介

フォニックスの発音ルールを少しだけ紹介したいと思います。

 

「O」を例に考えてみましょう。「O」は【オー】と【オウ】のどちらでしょうか?

正解は【オウ】です。「O」は1語に見えますが、英語の発音では【オウ】の2音になります。日本語の感覚からすると【オー】になりがち。

 

【make】【hate】はどうですか?【e】の発音せず「メイクッ」「ヘイトゥッ」になりますね。ちなみにこの【e】の音はマジック「e」と呼ばれていてネイティブも子供の時に勉強しています

まとめ

僕たちが「アイウエオ」を勉強したようにネイティブも「abcd」もっと言えばフォニックスを勉強しています。発音は日本人がもっとも苦手とする英語の要素なのに一番疎かになりがちな部分でもあります。

 

フォニックスを勉強し正しい発音を身に付ければ、「発音がキレイになる(相手に伝わる)」だけでなく、「文章がスラスラ読めるようになる」「リスニング力が大幅にアップする」「誰かのマネがしやすくなる」「口からペラペラ英語が出てくる」「音のイメージで単語を覚えやすくなる」「 応用を効かせてよく分からない新しい表現ができるようになる(人によりけり)」「英会話の自信がつく

 

ここまでメリットがあると分かっていながら真剣に取り組む人が少ないのがフォニックス。発音を身につければ英語の見方が180度変わり、絶対に英語を吸収するスピードが早くなります。

 

個人的には発音を身に付けることは世界で唯一大人が子供になるための手段なのかなと(笑)

 

タイムマシーンで過去に戻る感覚です!是非フォニックスで発音をマスターしお金を出しても手に入れられないみんなが欲しがる若さを手に入れてみて下さい。(笑)若さがあれば英語も簡単に思えてくるでしょう。たぶん(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事