【20歳以上限定】フィリピンPUBで英会話を解説します

 

僕は一時期フィリピンパブを英会話カフェのごとく使っていました。(笑)そんな僕だから言えるフィリピンパブで英会話の魅力と、ボッタクられないように技を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フィリピンパブの魅力

 

可愛い子がたくさんいて、、、、

 

 

ではなく(笑)

英会話スクール、語学学校、英会話カフェetc とは一味違った魅力がフィリピンパブにはあります。普通にたまげたおば様もたくさんいますからね、、、

 

英会話カフェとなにが違うのかって一番はやっぱりお酒。お酒は人のガードを緩くします(笑)そしてガードが緩くなると大抵の人はおしゃべりになります。英語で話す時にどーしてもガードを作ってしまう人なら尚更オススメ。

 

つまりガンガン話せる!まったく英会話カフェとは別次元レベルでの英会話がガンガンできます。

 

お酒以外にも理由が。

 

向こうは話すの仕事だし好きだしお金になるし、夜のお店にトークの制限はありません。どんなにくだらない話でも、下品な話でも(フィリンパブでは下品な話が一番盛り上がります。)この発音大丈夫?みたいなことでも何でもOKです。

 

会話ネタがなんでもOKスクールって実はなかなかないのかなと。マナーに違反するとか、顔色伺ったり。フィリピンパブでは一切そういった事はありません。ヤツラは金目当てです。僕たちは客です(笑)

 

金目当てとは言いましたが汚い人達でもありません。みんな優しいし、情熱的で発音もアメリカ英語で聞き取りやすいです。特に「オチョオチョダンス」をすればそれだけで仲良くなります(笑)他にも「バーハイクーボ」歌うとか。フィリピン人は南国の血を持っていてとにかく社交的。

 

スクールでもカフェでも英語で話す相手と意気投合するまでにどのくらいの時間が掛かるでしょうか?もしそれが先生なら意気投合すらしなかったり。

 

フィリピンパブでは10分あれば仲良くなります。仲良くなったらなんでも話しやすいものです。

 

フィリピンパブで英会話の魅力まとめ

 

フィリピンパブの魅力
  • スクールとは違った、まったく異次元レベルでのガンガン英会話ができる
  • 発音はアメリカ英語で聞き取りやすい
  • 自分の英語力は気にしなくてOK
  • すぐ先生と仲良くなれる(ハマらないように気をつけて下さい。)
  • 深夜も大丈夫、絶賛営業中
  • LINE交換すると日頃から営業メールで英語でのやりとりができる(稀に日本語を使いこなす強者もいます。)
  • 友達なる可能性もある(僕は何人か友達になりました。)
  • ストレス発散にも良い(オチョオチョしましょう)
  • フィリピンのことについてたくさん聞ける
  • 店の雰囲気が合わなければ、お気に入りの先生がいなければお店を変えればOK
  • 自分が気が向いた時に通える
  • 女性もOKです

デメリットと注意点

 

フィリピンパブ英会話は魅力ばかりではありません。デメリットや注意点がたくさんあります。フィリピンパブが初めてだよって人は絶対にここを読んでからフィリピンパブ英会話に挑戦して下さい。もしくはすでに通ってるに人に付いて行って下さい。

 

デメリット・注意点
  • 1回あたりの費用が高い(1時間3000円程度〜 地域、時間帯、お店のランクで様々です。)
  • 最大のメリットお酒が飲めない人はやめておいた方がいいかも
  • お酒に飲まれないように気を付けること。(飲みすぎて楽しむだけではダメ)
  • オネダリが激しい店は要注意
  • ボッタクリ店もあるので注意
  • たまにフィリピンパブにも関わらず中国人やベトナム人、他様々な人種の人が出てくることも、、、(パブで働くフィリピン、もしくはネイティブ以外の外人さんは基本英語ができないと思って間違いないです。)

     

    フィリピンパブでボッタクられないための対策

     

    初めて行くお店の場合は、お店に入る前(正確に言うと席につく前)に絶対に交渉してください。交渉と書きましたが料金の確認でOKです。

     

    例えば、お店の前にある看板に60min3500円〜と書いてあったとします。こんな時は「1時間いくら?」と聞けばOK。この「1時間いくら?」を聞いてないと1時間6000円になっていたりします。ボッタクリ店では当たり前の話です。それと飲めるお酒の種類です。焼酎はいいけどビールは別料金。これが普通です。

     

    さらに女の子に飲ませるお酒の料金について、あなたが飲み始める前に確認して下さい。大抵のお店では1杯1000円くらい。しかし、ここも確認しておかないと1杯3000円だったりします。なるべくお酒をあげるのはヤメましょう。もしそれが原因で嫌われたのなら、、、何も気にせず他のお店で他の先生と英会話しましょう。むしろいろんな人のいろんな英語が聞けた方がプラスになります。

     

    最後に奥義を伝授します。それは初めてのお店は1時間分のお金しか持って行かない。です。2万円の明細が出てきたとしても5000円渡してサヨナラで大丈夫です。

     

    なぜか?

     

    向こうはお金をボッタクリたいのであって、騒ぎを起こしたい訳ではありません。

     

    ただ、安心して下さい。明らかに老舗感が出てるフィリピンパブなら基本ボッタクリはありません。だいたいボッタクルのは日本人系か中国人系です。もしくは日本人に雇われたフィリピン。

     

    良いお店の探し方

     

    僕がフィリピンパブをハシゴして編み出した良いお店の探し方を紹介します。

    とっても簡単なことなんですが、良いお店かどうかは2回目まで最低料金を貫くことで分かってきます。つまり、

     

    1時間で帰る & 1杯もお酒を奢らない

     

    をして下さい。これをすると悪いお店は2回ともに最低料金でなかったり、なんとかしてお金を取ろうとしてきたり、なにかと嫌な思いをするでしょう。だから最初の2回最低料金で楽しく授業ができたなら、そのお店は今後もずーと使える優良店。仮に延長したくなっても安心して延長できます。

     

    いいお店より、いい先生

     

    ボッタクリ店には気をつける、なるべく最低料金で授業を受けましょう、と書いたのですが、いい先生がいた場合は別です。

     

    フィリピン人であっても英語を話せない人もいます。(若い子は高確率で話せます)また、英語力がなんとも言えないレベルの人もいます。これはお店の側の選考基準に全く関係無いので英語が話せる子がどのお店にいるか?は入ってみないと分かりません。

     

    しかし、高い英語力とポスピタリティーとお酒の力が交わった時、その瞬間は最高レベルの英会話授業を受けれると思って下さい。最高レベルの英語授業であれば、ちょっと頑張って1時間5000円でも、、、、、、って感じです。僕なら

     

    オチョオチョダンス

     

    フィリピンパブに行くなら必須のネタ。なんでかは分かりませんが、フィリピン人の女性は全員このオチョオチョダンスが大好きです(笑)

     

    「オチョオチョ」と一言口から出せば大爆笑が起きます、、、、信じられないかもしれませんが本当です。

     

     

    まとめ

     

    良いお店を探したり、良い先生を探したり、お金が高いので何回も通ったり、学生にはキツかったり条件は厳しいですが、フィリピンパブではお酒をガッツリ飲んで、南国の社交的なフィリピン人と英語で話す事で、楽しく異次元レベルでの最高の英会話ができます。

    最高の英会話をすると英語が勝手に口から出てきたりいきなり発音が上手になったりと吸収力、成長力も異次元レベル。

     

    ただし、本当は英語学習の場ではないけど英語を勉強するぞ!と肝に命じて英会話を楽しむ姿勢がとても大切。この姿勢を忘れてしまうと、結局意味がない時間になってしまいます。それだけは気をつけましょう。

     

     

    この記事を読んだ人はフィリピンパブ英会話を試してみたいと思ったのではないでしょうか?あなたが二十歳以上なら是非一度、試してみて下さい。かなりオススメです。

    スポンサーリンク
    おすすめの記事