英語が聞けるし読めるけどスピーキングが苦手、こんな日本人体質な人が話すでブレイクアウトを起こす方法

英語ではペラペラと話す人の多くが体験するブレイクアウト現象があるとかで、僕がブレイクアウトしたのはこれのおかげが大きいなーと思う方法です。

 

なかなかスピーキングがうまくならない人、中でも「ある程度英会話に慣れ、意思の疎通ができるくらい話せるけどなかなかペラペラとは話せない人」こんな人にオススメな方法を紹介します。

スポンサーリンク

ブレイクアウトするには文を暗記し練習せよ

スピーキングでブレイクアウトするには興味のある言葉から徐々に100%使える文と単語にしていくことです。

 

なぜなら大まかに言ってしまえば英語の勉強なんて筋トレと一緒だから(笑)

 

いくら頭で考えても、単語を覚えても、しっかりと構文が理解できてもダメです。とにかく誰かと話せの原点はここにあると思います。日本人が英会話で劣っているのはリスニング力もそうですが特にスピーキング、もう少し言うと発音スピードリズム感です。スピーキングでブレイクアウトを起こすにはこの3つの要素も必要です。

 

この3つはいくら頭で理解していても繰り返し恥をかきながら練習しないと絶対にできるようにはなりません。口の筋肉を鍛えスピードを出す筋トレ要素、なるべく繋げて話すリズム感、それを可能にする発音と全部ができてようやくなんとか使えるのが文レベル。単語をポイっと返したり、2単語、3単語で話すのとは全くの別物でしょう。文で話すのは明らかに難易度が高いです。

 

長い文章を使えば使うほどこの3つの要素が求められ、練習すればするほど一瞬だけはスピードもリズム感もあるネイティブのような英語に近づいていくと思います。つまりは、いちいち副詞だ名詞だ形容詞だ第4文型だーなんて考えず、文も単語と一緒でただの一つの塊、一つの音だけども長い音と思えれば勝ち。

 

よくいるなかなかブレイクアウトが起こらない人の例を出してみたいと思います。ちなみに勉強はしっかり継続しているのが最低条件。

よくいるなかなかスピーキング力が上がらない人
  • ある程度英会話にも慣れ、意思の疎通ができるくらい話せるからといつまでも単語レベルでの会話をしている人
  • 話す量が少ない人
  • 話す人を選んでしまう人
  • 発音の練習をしていない人
  • 話すスピードが遅い人

「話すスピードが遅い人」は性格もあるので仕方がないのかなってのもありますが、スピードが早い人に比べるとやはり文と文での会話が成り立たず、ブレイクアウトは起きていない印象です。

 

この方法は、「ある程度英会話にも慣れ、意思の疎通ができるくらい話せるからといつまでも単語レベルでの会話をしている人」に特に有効で、こんな人がブレイクアウトを起こすためには必要不可欠。英語に全くの無知な人がいきなり人のマネだければ実はそれが一番いいのかもしれませんが、、、

 

相手の言っている事が分かるし文章も読めるけどとにかくスピーキングが苦手、そんな人は是非読み進めていってみて下さい。

一つ一つ前に進む姿勢が一番大事

たくさん勉強している人ちょっとまった。1日100単語、1日1章、、、

 

もしそんなやる気のある頭のいいあなたがスピーキングでつまずいているなら。十中八九、発音、リズム、スピードなど音に関する部分(リスニング含む)だと思います。

 

100単語覚えても、100単語完璧な発音なんてできないですよね?そのうちの5単語を絡めた文を作っても果たしてうまく使いこなせるでしょうか?

 

子供のように一言一言覚えていくくらいの気持ち、一つを深く、長く、何回も練習する。こんな姿勢がブレイクアウトには大事です。

定型文として暗記するのが得策

実は単語をひたすらに練習してもブレイクアウトは起こりずらいと思います。

 

良くいるタイプ
単語とジェスチャーでガンガン押せ押せタイプ
筋肉話するから僕はガテン系かと思われがちですが違います(笑)
英語には冠詞があります。会話では発音が変わったりします。リズムとアクセントがあります。文にすると単語が書かれているのに実際はほとんど聞こえないような音があります。おそらく英語を少しでも勉強した人なら誰でも知っていることです。だから文で覚えちゃった方が圧倒的に早いんです。

 

上に書いたようなことを練習した人、しっかり言えばこれらの全てが一定のレベル以上できるようになった人にしかスピーキングでのブレイクアウトは来ません。つまり、文で会話することは基本的なスピーキング能力を高める最速手段です。

 

しかし、周りをみるとどーしても単語で会話している人が多いですね。それはなぜか?

 

 

 

 

 

 

 

ズバリ練習していないからでしょう。

 

 

 

だから永遠にブレイクアウトも来ません。

 

 

 

 

せめて文を考えながら話さないとダメです。

 

さて、定型分として練習していたらどうでしょうか?予め練習した文、会話の中でも使えそうな気がしませんか?会話でペラペラと話している気になりませんか?なれるんです。予め定型文を覚えて練習する。ここぞと言う時に練習の成果を発揮する。それは役者が舞台でセリフを言うのと同じことだと思いませんか?

 

そうしていると基本的なスピーキング力が鍛えられ、「1+1=2」を抜け出し「5×5=25」のようにどこかで点と点(文と文)が絡みあい、知ってはいるけど使った事がない組み合わせ、単語、文までも使えるようになります。

最善の策ではないので悪しからず

文の練習だけすればいいのかと言うと違うでしょう。固執した考えは世界共通語にはいりません。定型分を作って覚えて練習して実際に使うことは英会話上達の着眼点であって必殺技ではありません。

 

ぶっちゃけ一番大事なのはやっぱりひたすらに継続して毎日話すことだと思います。

文を覚えて使うのと、文を考えながら話すのではなにが違うか?

実は文を考えながら話す必要はあまりないんじゃないかと僕は思っています。必要じゃないと言うとウソになりますが意識レベルとしての割合は低くて構わない、だいぶ話せるようになってきてから考えればいいのかなと、そんな風に思います。

 

それより一文を暗記し増やしていくほうがよっぽど近道です。

 

確かに文を考えながら話すと表現力も豊かになり、なんだかいい練習になった気がします。でもここが落とし穴。

 

文を考えるがために発音、アクセント、リズム、は疎かになってないでしょうか?

 

僕達日本人がスピーキングで一番練習したいのは間違いなくこの3つです。文の構造は二の次です。そして、音については可能な限り相手がいる状態で練習した方がいいと思います。文を考える余裕があるなら1単語1単語しっかり発音し、相手に確実に伝わる音にしていくべきです。

 

中学レベルの文法があれば日常英会話で支障がでることなんてほとんどありません。それより会話レベルで使いこなせない知識や単語をたくさん持っている方が問題です。

単語の感覚で文を覚える

「ヘイ!」ってくらいの気持ちでOKです。

 

スピードが出なければヤキモキとした感覚になるかもしれません。が、単語で返すのと同じくらいスピードが追いついてくればなにも考えず口から文が出るようになります。ここまではひたすら練習です。身体に覚えこませましょう。僕から言わせるとスピーキング力とは筋力、英語の勉強は筋トレです。(笑)

 

単語と同じ一つの塊だと思い文を覚える。途中でやめないこと。初めのうちはゆっくりでもなるべくハッキリ言うこと。少し慣れたらなるべくスピードを上げること(僕達の英語は基本的にクッソ遅いです)。

 

このポイントを頭に置いて練習するといいのかなと思います。

文(フレーズ)を暗記し練習するメリット

Its beyond the reach of my imagination.

「それは私の想像を遥かに超えているよ」みたいな意味なんですが、このit'sの部分を変えると様々な状況に対応できます。

よく使うのは

A君
I did it!
できたー
これに対してgood boy!とかNice work!とかいろいろと返し方はあれど
B君
WOW!!you are...you are beyond the reach of my imagination. Nice work boy.
なんってこった、、、こりゃ、、、本当に子供か?ホントに凄いよ、良くやったな尊敬しちゃう。

こんな感じです(笑)パッパといけば1単語、2単語で返答できるでしょう。そこをあえて無駄に長々と言っちゃいましょう。are、the、of、imajinationなんていう単語の発音、アクセント、文での大小、全体のリズム。繋がり。全部必要なスキルです。

 

goof boy. と比べると明らかに違いますね。it's beyound the reach of my imajination.I did it.と言われすぐさま返すには

 

 

絶対に練習が必要です。

 

 

 

間違いなく頭で考えていては自然に口からは出て来ません。

 

そんでもって暗記した言葉を繰り返したくさんの違う人に使うこと。なんとか会話にぶっ込んで使いまくること。そうするといつの日か一つの単語、文についてレベルがアップしてます。

 

こんな感じで徐々に徐々に使えるセンテンスが増えてくれば、自然に単語と単語を繋げるコツが身体に染み付き、使ったことがない単語や文でもなんとなく即座に使えるようになっている。つまりはブレイクアウトする可能性が高くなります。

 

ちなみに、伝わらなかったと思ったらどこがダメだったか聞くのも忘れずに。かなり強引なように思えるかもしれないですが、それくらい文で覚えて実践するのはブレイクアウトに近くなれます。

定型文の選び方

気になったものでOK。

おすすめは「できそうなものから覚えていく」といいかもしれません。もしくはリズムが好きとか合うとか。

まとめ

ブレイクアウトした人は徐々に基本的なスピーキング力をUPさせ、持ってるスピーキング力が他でも応用できる状態になった人です。

 

一歩一歩進むことなるべく文で覚え、練習し、会話で多様すること(特に発音やリズムに気をつける)(同じ言葉を30人くらいは使ってみること)

 

役者のセリフ練習と一緒です。

 

 

役者の決めゼリフです。

 

 

あなたは人生の主役です。

 

 

 

もし、スピーキングでつまずいてるなら一文一文暗記し、発音練習して、とにかくたくさんの人に同じ言葉を実践してみて下さい。そんな思いのこもった文が100や200や300になる頃には何かが変わったと思えるハズです。

 

それがブレイクアウトの瞬間だったら、、、超気持ちいー。

 

ですよ(笑)

スポンサーリンク
おすすめの記事