スギちゃんの「ワイルドだろぉ~」を英語にすると、、、

スギちゃんの「ワイルドだろぉ~」を付加疑問文を使って英語にしてみました。スギちゃんは海外進出を考えているみたいです。

 

スポンサーリンク

スギちゃんの「ワイルドだろぉ~」を英語にしてみた

 

Aren't I wild ?

あれ?文法間違ってるんじゃないの?と思うかもしれませんが、これ正解!「aren't I~」 がよく使われます。

 

I'm wild, aren't I ?

逆にしただけです。意味は全く一緒なのでどちらか好きな方を覚えて練習しましょう。個人的には「aren't I~」が使いやすいと思います。

 

I'm wild. right ?

少し強い言い方なので口調とドヤ顔を作って柔らかくしましょう@@

 

I'm wild. huh ?

めちゃくちゃ上から目線な使い方ですが、ネイティブっぽくて好きです。

 

I'm wild.Don't you think so?

付加疑問文ではないですがこれも「ワイルドだろぉ~」になります。

 

ワイルドだろぉ~の英語教材があった

 

なんとスギちゃんの「ワイルドだろぉ~」が英語の教材に。日本の英語教育がより実用的なものに移行している気がしますね。

 

すぎちゃんワイルドプリントPNG
livedoor News

 

なんで「Aren't I?」なの?付加疑問文おさらい

 

発音しやすいからです。英語では発音しやすいように変化することがたくさんあります。

【×】I am wild. amn't I.
【○】I am wild. aren't I?

プリント(2)は付加疑問文とも普通の疑問文とも取れるので

【疑問文】am I wild ?
【付加疑問文】Aren't I wild

となるわけですね。両方正解です。

また、初めに I'm not~ となった場合は

【○】I'm not wild. am I?
【×】I'm not wild. are I?

となるので注意しましょう。

ワイルドだろぉ~を外人に使ってみた感想

 

スギちゃんのことを知らないであろう英語ネイティブ友達に使ってみました。すると2つの問題点が明らかになります。

 

  • 芸人としてのスキルが足りない点
  • 外人さんがスギちゃんのネタを知らない点

 

多くの場合、日本人にしか使えない英語と思われ、使うタイミングを自分から作らない限りスギちゃんのよう笑いは起きませんね、、、

 

みなさんも試してみてはどうでしょうか^^

スポンサーリンク
おすすめの記事