整理整頓のための3つのコツと、キレイに見える整頓術

 

僕がいた非日常的な場所では元あった所に物を戻す習慣がありました。習慣というか義務ですね(笑)どのくらいしてたかと言うと、例えば洋服の向きを揃えたり、下着の端を揃えたり、ユニクロと一緒と思ってくれればOK。

 

ともかく整理整頓のルールがあり、そのルールにしたがって整理整頓していただけ。最初から整理整頓が上手かったわけではありません。そーやって生活しているうちに物を片付ける極意が身につきましたのでそれを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

整理整頓が上手くなる3つのコツ

 

みなさんは物の定位置をしっかりと決めているでしょうか?他にもいつ片付けるのか?分かりやすく、キレイに見せるにはどうやって収納するのか?僕のいた非日常的な場所も含め、工場、レストランのキッチン、洋服屋さん、どこも物には定位置があり片付け方があります。なぜかと言うと、誰でもが容易に片付けができて、誰でもが容易に物の場所が分かって使えるようにルールがあります。

 

一般家庭も同じで、楽チンに整理整頓するのに必要なのはルールを作ること。ルールがあれば迷わず片付けられる一方で、ルールがないとなんとなくその時その時になってしまいがち。ゴチャゴチャとなってから慌てて片付けることに。

 

メリット
  • 片付けやすい
  • 物をスムーズに使いやすい
  • 部屋がキレイに見えるようになる
  • 掃除がしやすくなる
  • 物の掌握ができるので必要な物とそうでない物が分かる

 

常に整理整頓ができているとこんなにもたくさんのメリットがあります。お片づけのルールを作ってメリハリのある生活を手にしてみてください。

1利用頻度とカテゴリーで定位置を作る

 

整理整頓で一番大切なのは物を定位置に戻す事です。ただし、なんでもかんでも定位置に戻すのではなく、適切な場所に戻す必要があります。その考え方は利用頻度カテゴリー。この2つをよく考えて仕分けできれば一流のプロ整理整頓人になれます。逆に言えば、整理整頓なんてそんなたいしたことないです。

 

日常的に使う物の利用頻度で定位置を決める

 

利用頻度で物の定位置を作るとキレイに片付きます。あまり使わない物はゴチャ混ぜBOXにでも入れておきましょう。子供のオモチャ箱みたいなモノですね。利用頻度を考える時は細かくなくて全然OK。

  • 毎日
  • 週1以上
  • それ以下

この3つくらいに分ければ十分だと思います。

毎日使うモノ

(スマホ、TVのリモコン、エアコンのリモコン、家の鍵etc)

できれば定位置があると良いがなくてもOK。

週1以上使うモノ

必ず定位置を作る。

それ以下のモノ

ワンテンポ必要な所に定位置を作る。(BOXの中、棚の中、奥の方etc)

 

特に大事なのは、あまり使わない物をワンテンポ必要な所に仕舞うようなイメージで定位置を作って片付けるようにします。目に見える所、簡単に手につく所はシンプルにゴチャゴチャさせないようにするのがポイントです。

 

利用頻度の低い物はカテゴリーごとにも分ける

 

使うんだけど、そんなに使わない、こんな物が多くなればなるほど散らかってきます。ゴチャゴチャし出す大抵の原因は小物が多くなってくるから。カテゴリーで分けれる物はできる限りまとめるようにしましょう。小物を仕舞うのに大活躍するのが同じ規格、同じサイズのBOX。要は子供のオモチャBOXをたくさん作る感じでOKです。ただし、しっかりとカテゴリー分けをして、BOXの中に何が入っているのか分かるようにしましょう。

中身一例
  • 小道具BOX(ガムテープ、ドライバー、ヒモetc)小道具は日常的に使うが使用頻度はまちまち、小道具BOXや棚にゴチャゴチャでいいのでまとめて仕舞うとキレイに片付けられる。

 

ガラクタBOXを用意する

 

普通に生活しているとイマイチどうしていいか分からない物が出てきます。これは使うのか?2度と使わないのか?取っておきたいのか?捨ててもいいのか?こんな曖昧な物を一時的に入れて置くガラクタBOXが一つあると便利です。よく分からない物は外に出しておかないで、とりあえずBOXの中に入れてしまいましょう。

 

2定期的に点検する(断捨離する)

 

いくら整理整頓しようと思っても、収納スペースに対して物が多すぎてはキレイな状態を保つ事はできません。なので定期的に物を仕分けして、捨てれる物は捨てるようにしましょう。この作業は普段から整理整頓をしっかりやっていればそんなに大変ではありません。アナタが考えるのはガラクタBOXの中身と、ワンテンポ必要な所に仕舞ってある物だけでOKです。それ以外は使っている物なので捨てる必要はありません。

 

3新しい物を増やさない

 

整理整頓のコツはミニマリストになると言っても同じくらい物を持ち過ぎないのが一番です。モノが無ければゴチャゴチャはしませんし、片付けるのも簡単です。整理整頓のため、物が増えたら減らす。減ったら増やしてもよい。というルールがあると一気に整理整頓上手に近づきます。

 

アートのように見せる整頓術

 

僕がいた非日常的な場所では整理整頓する事で一種の芸術を作りだす。そんな習慣がありました(笑)代表的な企業ではユニクロも同じです。整理整頓をアートとして楽しめるくらいなったらもうゴチャゴチャするなんて事はなくなるハズです。

 

1ラインを揃える

ちょっとしたことですが、物の大きさや形にバラツキがあっても目に見える先頭のラインを揃えるととてつもなくキレイに見えます

2向きを揃える

物には絶対に向きがあります。正面、裏面、側面、向きを揃えるだけで印象が変わり、これもキレイに見えます。特に調味料や、洋服、靴など、同じサイズでまとまりやす物には効果的です。

3間隔を一定に揃える

物と物の間隔を一定にするととてつもなくキレイに見えます。広くても狭くてもいいですが、全て同間隔にするのがポイント。字を書く時も一定間隔で書くとキレイに見えるアレと同じです。

4広大なスペースに一つだけ置く

もしスペースがあるなら、机の上にリモコンが一つ、テーブルの上に花瓶が一つ、キッチンのふとした場所に調味料が一つ、何かを良く見せたい時は一つだけ置くことで印象がグッと良くなります。ポイントは近くに他の物を何も置かないだけです。

5角を揃える

何かを積み上げる時は角を一箇所揃えるとキレイに見えます。できれば先頭のラインも揃えたいですが角を揃えるだけでも印象が全然違います。

 

まとめ

 

整理整頓がしっかりできてれば生活にメリハリが出るし、掃除がしやすくなります。掃除がしやすければもっと部屋がキレイに。Amazonの配達に来たドライバーさんからの印象も変わります。整理整頓が苦手、嫌いという人は、僕のように整理整頓でアートを作るような気持ちでやってみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事