綺麗すぎて時が止まるフィジー・ヤサワ諸島の南国リゾートビーチ

フィジーの海の中でもキレイと言われているヤサワ諸島(YASAWA Islands)のビーチ、透明度は息を呑む程で、白い砂浜が広がるビーチはイメージ通りの南国リゾートビーチでした。

スポンサーリンク

ヤサワ諸島の詳細

 

ヤサワ諸島の海はフィジーの中でもキレイと言われています。オーシャンブルーに白くて広い砂浜、低い雲。イメージ通りの南国リゾートビーチです。ヤサワ諸島には全部で6つのリゾートが設置されていて、場所によっては海ガメも泳いでます。どこも完全な観光客向けのビーチで、ほとんど外国人(オーストラリア&ニュージーランド人)もしくは、フィジーの中でも裕福なインド人という状況。フィジー人はホテルのスタッフか、その島に元々住むんでいる地元民ばかりです。

ヤサワ諸島まではフィジー本島にあるデナラウ(Denarau)から高速船で行く事ができます。水上機ツアーもありました。デナラウ(Denarau)にてツアーに申し込めます。

South Sea Cruises
Awesome Adventurs

注意したいのは街にポツンとあるツアー会社っぽい所で申し込まないこと、超高額でボッタくる可能性が。ボッタくるどころかツアーに会社に申し込むの忘れてたーとか(笑)悪気があってかなくてか分かりませんがたくさんのトラブルがあるみたいなのでなるべくなら避けた方がいいでしょう。空港、デナラウ、日本人経由であれば安心。とは言え同じプランでもお店によって価格はまちまち、多少は比較した方がいいと思います。

ちなみに、HISフィジー支店があるのでそこなら安全・安心で日本語対応もできます。(ただ、価格は高なような気が、、、)

H.I.S.フィジー支店

時が止まるヤサワ諸島のリゾートビーチ

海が輝いていて完璧。ちょっと泳ぐだけで熱帯魚の群があっちこっちにいました。シュノーケルで何時間も泳いでられます。何時間も泳いだ後に、泳いぎ疲れてクタクタでビーチに上がるとカッコよく上品に読書する欧米系の女性にちょっとだけ笑われます(笑)あんたよくそんな泳いでられるわね!みたいな。

CIMG0209

フィジーも急激な発展により本島の海は徐々に汚れつつあります。いつの日かこんな綺麗な海はなくなってしまうんでしょうか?

CIMG0216

サンセットは時が止まりますね。太陽が海に沈んでいくのを見ていると、何もない自然に囲まれた場所がリアルで、日本のコンクリートジャングルは別世界、非現実的な場所のように思えてきます。

 

CIMG0219

リゾートビーチとは反対方向に足を運んでみると、この島に住む人々の実態が見えてきます。水道はなく、調理場も家の外、もちろん電気も通っていません。

CIMG0225

なんて明るくて希望に満ちた笑顔。日本でゲームばかりしていた自分が悔やまれる、、、、それとフィジアンの子供達に恥ずかしがり屋さんはいない気がします。ブラと話しかければみんな笑顔でブラと返してくれます。ちなみに、フィジーの公用語は英語ですが、小さい子や地方に住む人のほとんどは英語ができません。

 

 

ベストシーズンはいつ?

 

フィジーに行くベストシーズンは7月〜9月の冬の時期です。(日本の夏)12月〜3月は雨季になり1日中ずーと雨だったりします。(ドシャブリがなんどもくる)なるべく避けたい。

フィジー降水量
地球の歩き方

 

フィジーは冬でも十分に暖かく、普通に泳げます。

ヤサワアイランドリゾートのWi-Fi環境

 

ビールが飲みたいとか食事がしたいとか、物価すべてリゾート価格になっています。クレジットカードOKなのでクレカは1枚持ち歩いた方がいい。

Wi-Fi環境はかなり悪くスピードも出ません。現地ホテルにて申し込みをして利用しますが、1日10〜25ドル掛かります。宿泊する日数によってはsimカードを用意した方がお得です。

 

あとがき

 

ヤサワ諸島に行ったらリゾートビーチでゆっくりして、時間があるなら島を散策するのがオススメです。フィージー本島の街に住む人と、田舎に住む人の格差の大きさ、息を呑むほどの綺麗な海の反面が良く見えてくると思います。

ヤサワ諸島ポイント
  • Wi-Fi環境は悪くて料金も高い。
  • ベストシーズンは7〜9月
  • フィジー本島にある怪しげなツアー会社では絶対に申し込まないこと。(H.I.S.を除く)
  • 地元の暮らしを見に行く時間を作る。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事