【対応策】タスマニアの道路はマジ危険....野生のワラビーが突進してくるよ!

 

オーストラリアの道路は「カンガルーが飛び出して来るから気を付けろ!」

 

私の友達もカンガルーの大ジャンプによりフロントガラスを破壊されたことがあると言っていました。

 

さて、

タスマニア州の話ですが、ここにはタスマニアンデビルとワラビーが大量にいます。

 

カンガルーより一回りもふた回りも小さいため、十分注意しないといけません。

 

そんな彼らを引いてしまわない為のコツを紹介していきます。

タスマニアのドライブについて

オーストラリアは速度制限をみんなきちんと守っています。

という私の印象です。

 

日本と違い渋滞がほぼほぼないので、みんなにゆとりがある結果かもしれません(笑)

 

さて、

タスマニアの道路はというと、100kmくらいまで出していいのですが、夜中は野生動物が飛び出し放題なので、50kmも出せないと思ってください。

 

ん?なんか怪しいな、、、、

 

と感じたら20km~30kmまで落としてもいいくらいです。

 

ワラビーは、突如あらわれます。

 

高速で激突すると、お分かりですね?

 

もしレンタカーを借りるのであれば、保険代をケチってはダメです。日本とは比較にならないほどの危険が潜んでいます。

タスマニアの夜道は超危険....ワラビーをひかないドライブテクニック!

IMG_3879

 

夜の道では車のライトと星の光しかありません。そんな道路を運転していれば十中八九野生のワラビーかタスマニアンデビルと遭遇します。

 

ワラビーとの距離は約3m、写真で分かりずらいのですが周囲には10〜20匹ものワラビーがワサワサしています。

 

こんに可愛らしいワラビーが車の横をピョンピョンしながら一緒に走るのを想像してみてください。

 

その中の数匹が、急に車に向かって跳んで来るのということを覚えておきましょう。

 

こうなってしまうと、停車していたとしても車との接触は避けられず、命を奪わないよう慎重に走るか、クラクションを鳴らしてワラビーの群れをやり過ごす必要があります。

 

プープープープー鳴らしまくりながら走れば20kmくらいでは走行できます。

タスマニアンデビルは?

タスマニアンデビルは猫ほどの大きさで、鳴き声が特徴的な肉食動物。猫よりゆったりしていますが、すぐ疲れちゃうようです。

 

可愛いですよ!

 

 

残念ながら、運転中飛び出してくるデビルを避けるのは相当困難かもしれません。

 

車にひかれてしまったタスマニアンデビルの死体が、道路横にコロコロしています。

まとめ

タスマニアの夜道をドライブするのであれば、次のようなことに気をつけるのをおすすめします。

 

ドライブのポイント
  • ワラビーを発見したらクラクションを活用する
  • 前方だけでなく、サイドを要チェックする
  • レンタカーを借りるなら、絶対保険に入ろう!

 

こんな感じです。

安全に、タスマニアの旅を楽しんでくださいね^^

スポンサーリンク
おすすめの記事