旅行記

真夏のエアーズロック行くならハエ対策!あと水「Oh My God.....な旅行記」

オーストラリアのほぼ中央、砂漠地帯のド真ん中に位置するエアーズロック(Ayers Rock)(でっけー石の塊)に行って来ました。

赤く染まるサンセットは息を呑むほどキレイですよ!あまりに神秘的でもう自分がちっさく感じるのなんの、ちっさく感じます。

なのですが、

小さいハエ達がワッショイワッショイ飛び回っているので注意してくださいヽ(`Д´)ノ

特に夏場(12月)!

この記事ではエアーズロックやらウルル・カタジュタ公園を散策旅行記と、ちょっとした情報をお届けして参ります。

よかったら読んで行ってください^^

ウルルは虫避けネットが絶対いるよ!絶対!

エアーズロックに行く途中にハエに襲われ様子
ハエの大群

写真のとおり1秒あけずにハエさん達がワシの水分を求めたかってきます。目、鼻、特に口まわり(笑)

さすがは乾燥大陸オーストラリアですね〜。ハエたちも喉が渇いてるようです。

永遠、まさに永遠、途切れることなくワショイワッショたかって来ますよ......

はい。こんな時の必須アイテムと言えば虫除けネット!

虫除けネットが無ければハエとの水分争奪戦、しかも向こう方の戦力は何十匹〜何百匹クラス.......勝ち目はありません。

ちなみに私は12月(真夏)に行きました。5〜6月のような冬場はハエの数も少ないらしいです。

IMG_5315
ダッサイけど必須!

「あらヤダ買い忘れた」

安心してください。エアーズ・ロック・リゾート内にあるショッピングセンターにて購入できます。(10ドルくらい)

「ハエが少ないなら冬場に行こうかしら?」

と思ったみなさんへ、おすすめは夏場なのです。

というのも観光客が暑さを嫌がるため、夏場はエアーズ・ロック・リゾートはナカナカにガラガラと聞きました。

ウルルを見るためのポイントに人が少ないのことは、私的におすすめしたいメリットです。

いいポジションを確保しやすいですよ!

そして思い知るがいい、

ワシら人類なんぞ生かされていると。

【ウルルの歩き方】昼は散策、本番はサンセット!

ウルル登山道
ウルル登山道

ウルル登山道ですが、2019年10月26日より全面登山禁止となりました。

オーストラリア政府が正式に禁止たもので、おそらくもう登れません。

登山禁止の看板

以前より登山禁止を求めていたことから登山道前には登山禁止の看板がありました。

いろいろな背景があるので、最低限のマナーというかなにかを守りつつ楽しみましょう!

参考記事はこちら。

なぜオーストラリア北部準州ではアボリジニへの飲酒規制がおこなわれているのか?
https://synodos.jp/opinion/international/21413/

ちなみに撮影禁止エリアもあります。

ただねぇ〜。エリアが決まっているといつつもこちらは崩壊状態。

写真は撮影禁止エリア外です。

なのですが、

禁止エリアもこんな感じ。

写真はね、仕方ないと言えば仕方ない。

ウルルが聖地と言われる理由こそ貴重な水の存在です。

砂漠地帯のド真ん中でなににも勝る大切なものは「水」だったんですね。

この池を見るとペットボトルの水を持っていたとしても感動しますよ!

ちなみにウルルは下を見ながら散策するのもおすすめ。

なぜならちっちゃいアリ地獄があったりするからです。

アリ地獄

このアリ地獄。アリがまったく出たり入ったりしません......

いったいどこで油を売ってるのか。

散策道からウルルを見上げた様子

これが一つの岩だーちゅーんですから自然の摩訶不思議。

散策を終えたらサンセット前にウルル展望台まで移動しておきましょう。

ウルル展望台

展望台とは言いつつ完全な平地。

もうすぐ日が落ちそうです。

なんちゃってバームクーヘンでもしながらサンセットを待つのがいいですね。

バームクーヘンと叫ぼう!

あ、日が落ちる前にキスシーンも撮っておいた方がいいですよそこのカップルさん。

もしくは狙ってる人がいるならね。

一通り写真を撮り終えたら、

あとはなにも聞こえないのに聞こえてくる大地の音を聞きながら日が沈むのをゆっくり待ちます

サー

サー

サーーーーーーー

ブーン〜

たまにハエがウザったい........

サー

ざー

スー〜〜〜〜〜〜ーーー

サンセット時間のウルル

美しい。

これしか言葉が出ませんね。

時間差で比較してみました。

こんな感じ。

日中
夕方

晴れてれば月とウルルというなんとも幻想的な世界に入り込めますよ!

マジで綺麗。

オーストラリアの夏は21時くらいが夕方です。

ただし、この時間になると辺りはまぁまぁ暗いです(笑)

ウルルは静かで、神秘的で、壮大で、時間が流れているのか流れていないのか。ただ綺麗という感情を通り越して感動します。

エアーズ・ロック・リゾートに到着したらやるべきこと

IMG_5336

エアーズロック・リゾートにはスーパー、郵便局、イベント施設などなど、ちょっと不便だけど生活に困らないくらいの施設はしっかり整っています。写真の真ん中にある赤ポチはリゾート内の展望台、ウルルをバックに写真が撮れるので足を運んでみましょう。

IMG_5331

広場ではいろいろなイベントをやっているようで、それも不定期で開催されてるようです。この時は「アボリジニーが教えるブーメラン投げ方講座」をやってました笑

ただし、このイベントは現地の人に聞いたりしないと「いつ」「どこで」「なにを」やるのかわかりません。

イベントを見たり参加したいのであれば、ホテルにチェックインした瞬間にホテルスタッフに聞いてみましょう。教えてくれたり、パンフレットを貰えたりします。

エアーズロック・リゾートレビュー

あたりを見渡せば地平線の向こうまで砂漠地帯が続き、昼も夜も自然の音しか聞こえてきません。

最安値で宿泊できるのは「エアーズロック・キャンプグランド(テント)」です。

長期宿泊ならホテルとテントの組み合わせなんてのも面白そうですね。

IMG_5344

空港とホテル、ホテルとホテル、ホテルとショッピン街は20分おきに出る無料シャトルバスで行き来できます。隣のホテルを見学するためにも使えるのでジャンジャン使いましょう。

でもリゾート内は歩き回っても1時間で制覇できるくらいの広さです。

IMG_5337

唯一のバックパッカーホテル「アウトバック パイオニア ロッジ (Outback Pioneer Lodge)」

ここでは午前中に散策を終えた人が昼間の暑さを凌ぐため飲んだくれてます。ゴロゴロしてる組もいます。神最高ですな^^

みんなサンセットまで待機時間、やる事なければココがおすすめでごわす。

施設紹介

  • ATM(ANZ銀行)
  • 郵便局(荷物送れます)
  • コインランドリー
  • スーパーIGA(閉店夜21時
  • ボトルショップ
  • レンタカー屋

スーパー(IGA)付近にはアボリジニーのおっちゃんが暇そうに

スーパー近くではアボリジニーのおっちゃんがタバコを吹かしながら暇そうにしてるので、近寄っていけばいろいろ会話できますよ。

WI-FI事情

ワシが宿泊したデザートガーデンホテルは1日15ドルでwi-fiを利用できました。(2014年の話)

3日なら45ドルですよ!

旅行者であればオプタスのプリペイドSIMを契約してスマホに差しちゃった方が圧倒的にお得です。

風の谷カタ・ジュタで見たものは「Oh My God.....」

IMG_5284

エアーズ・ロック・リゾートから約50km離れたカタ・ジュタ展望スポット。渋滞なんてしようはずもないのでここまで車で30分くらいです。

ウルルが一つの岩に対しカタ・ジュタは大小ことなる36個の岩群からなる集合体というではありませんか。

どっちにしてもバカでかいではありませんか!

超望遠の双眼鏡があれば3倍楽しめますよ!

IMG_52989

カタ・ジュタはあの風の谷ナウシカのモデルになったとも言われ、強風が谷を巻き込みながら風の音がすごいです。

またウルルと違い日陰となる場所が少ないので休むに休みズラいのが特徴。

さらに正午〜14時頃はまさに灼熱地獄。

熱中症にならないよう国立公園が午前中の散策をおすすめしています。どちらにせよウルルよりハードな散策になるので水を忘れないように!

IMG_5305

なんとなく風の谷から砂漠を眺めてみました。

美しい。

なんちゅう景色でっしゃろかッ!?

IMG_5303

散策しながらよくよく周りを見渡せば水溜りを発見できます。

砂漠のオアシスを見つけた気分になれますよ!探してみましょう。

IMG_5317

ここに来るまで

  • 自分の足音
  • お連れの足音
  • 風が通る音
  • 虫の鳴く音
  • 太陽がジリジリと大地を照りつける音

こんな自然の音を楽しみながら散策することができます。

間違ってもウーハー付きのスピーカー爆音ノリノリでダンスィングしながらの散策はご遠慮ください。

んッ?

なんだなんだッ?

もしかして.................

あれれ???

IMG_5323

なんか英語で書いてあるので訳してみました。

あんた、もう40度超えてまっせ、そんな時にウゥーキングされて死なれたらウチも困るんでんな、これ以上は進めませんよ。ゲート閉鎖!引き返しなさい。

どうやらこれ以上は進めないようです。

(。´・_・`。)ッバイ

カタ・ジュタ散策最後の結末はウルウルすることになりました。

午前中にお水をしっかり準備して向かいましょう。

まとめ、エアーズロックの楽しみ方

エアーズロックを旅行を考える次なる旅人に残したいメッセージがこちら。

  • ハエ避けネット必須!
  • ホテルにチェックインしたらイベントを確認しよう!
  • Wi-Fi高いのでプリペイドSIM契約がおすすめ
  • スーパー(IGA)は夜21時まで
  • 双眼鏡があるとより楽しめる
  • カタ・ジュタはゲート閉鎖に注意(真夏の場合)
  • 長期滞在はホテルとテント、組み合わせてみてはどうでしょうか?

現場からは以上です∠(´д`)

ウルルまでの行き方で迷っている人はこちらの記事も参考にどうぞ!

ウルル(エアーズ・ロック)までの行き方4ルート比較|鉄道の旅もありまっせ!

-旅行記
-