カタ・ジュタ散策でみたものは?Oh...My...God【エアーズロックのハエさん対策】

 

オーストラリアほぼ中央、砂漠地帯のど真ん中、ノーザンテリトリー州にあるウルル・カタジュタ公園に位置し、

赤く染まるサンセット、映画、世界の中心で愛を叫ぶで有名なエアーズロック(Ayers Rock)に行って来ました。

あまりに幻想的で神秘的、訪れる人すべてを包み込みこむような、自然の偉大さと自分の小ささを改め感じれることでしょう。

 

 

ただし、

 

 

ハエさん達がワッショイワッショイ飛び回っています(笑)

 

 

これ、「苦手な人は対策しておかないと、十分に楽しめません!と思います」www

 

 

今日は、

記事内容
  • エアーズ・ロックの必須アイテム
  • エアーズ・ロック・リゾートの情報
  • ウルル・カタジュタ国立公園散策旅行記「Oh...My...God」

 

をお届けします。

 

  • これから行きます

 

という人はぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク

ウルル・カタジュタ公園の必須アイテム!虫避けネットを【必ず】持って行こう!

9194d3fb389c2ce4da4d8dbca7ef2c1d.jpg.pagespeed.ce._ujKY--AQU

オーストラリアのハエはたいがい喉が乾いているようで、「目、鼻、口」にある水分を求めてたかって来ます。一方、東南アジアのハエは潤っているので「目、鼻、口」に集中攻撃を受けることはありません。虫の行動からも乾燥大陸オーストラリアというのが分かっちゃうんですね。

 

特に、夏場行こうと考えている人は要注意!

 

無数のハエが永遠にたかってきます(笑)

 

IMG_5315

 

これから向かいますという人は、ぜひ、ハエ避けネットを準備してくださいね。

 

「それなら冬場に行こうかしら?」

 

となる人もいるかもしれませんが、私のおすすめは夏場。観光客が少なく、エアーズロックリゾートもガラガラで、ゆっくりじっくり神秘的な旅行を楽しめます。

ハエ避けネットは忘れてしまっても大丈夫です。エアーズロックリゾートにあるショッピングセンターで10ドル前後で購入できます。散策に行く前に用意しましょう。

 

ただし、

 

ショッピングセンターのお店は閉まるのが早いので注意が必要です。

エアーズ・ロック・リゾート、おすすめの過ごし方

IMG_5336

 

エアーズロック・リゾート全体像。真ん中にある赤ポチは展望台になっていて、ウルルと一緒に写真撮影できます。周囲を歩いて回って30分あれば十分なくらいギュッとしてますね。

「エアーズロック・キャンプグランド」ではテント宿泊ができます。

 

 

言わずもがなですが、こちらが最安プラン!

長期宿泊できる方なら、リゾートホテルとテントを組み合わせ砂漠の大地を満喫するのがおすすめ!

 

IMG_5344

 

上の写真はデザートガーデンホテルの入口。

空港とホテル、ホテルとホテル、ホテルとショッピン街の間はそれほど離れていませんが、20分おきに出る無料シャトルバスで行ききできます。「ちょっと隣のホテル見学へ」なんてこともOKです!

 

IMG_5337

 

リゾート唯一のバックパッカーホテル「アウトバック パイオニア ロッジ (Outback Pioneer Lodge)」に行ってみると、午前中に散策を終えた人たちが昼間っから飲んだくれたり、ビリヤードをしたり、ゴロゴロしたり、夕方のサンセットに向け体力温存しながらワイワイやってます。

美味しいビールが揃っているので、はい(笑)飲みたい人はレッツGO!

 

IMG_5331

 

広場やショッピング街ではイベントをちょこちょこやっています。私の滞在中は「アボリジニーが教えるブーメラン投げ方講座」をやっていました(笑)

 

宿泊するホテルスタッフに聞けば「いつ?どこで?どんなことをするのか?」を教えてくれます。

チェックインする時に聞いちゃうのがおすすめです。

 

リゾートの主な施設
  • ATM(ANZ銀行)
  • 郵便局(荷物送れます)
  • コインランドリー
  • スーパーIGA(閉店夜21時
  • ボトルショップ
  • レンタカー屋さん

 

最後に、

昼間のスーパー付近にはたいていアボリジニーのおっちゃんがタバコぷかぷかしながら座ってます(笑)なかなか無い機会なので、私はギャンギャンにおしゃべり、楽しかったです。

どこの国にも、どんな場所にもいますよね(笑)

WI-FI事情

私が滞在したデザートガーデンホテルでは、1日15ドル掛かりました。

3日なら45ドルで...1週間なら....決して安くはありません。

 

携帯電話が繋がるので、オプタスのプリペイドSIMを契約しちゃった方が圧倒的にお得です。

風の谷カタ・ジュタ散策で見たものは....Oh My God...

IMG_5284

 

エアーズ・ロック・リゾートから約50km離れたところに位置する、カタ・ジュタ展望スポット。ここに来るまで車で30分弱、渋滞はしようはずもない。ウルルが一つの岩に対し、カタ・ジュタは大小ことなる36個の岩群からなる集合体というではないか。どっちにしてもバカでかいではないか。

このカタ・ジュタ展望スポットは横に広く、角度を変え眺めることができる。超望遠双眼鏡があればより楽しめるだろう。

 

IMG_52989

 

風の谷ナウシカのモデルとも言われるだけあり、強風!でもこの日はなかった。そんなことより日陰がどこにもない...これがキツイ...休むに休みズラい...太陽が真上に来る正午〜14時頃はまさに灼熱地獄。そんなこともあり、国立公園は午前中早めの散策をおすすめしている。

 

ハエ避けネットも大切だが、最も重要な必須アイテムは水分だ!忘れてはいかん。

 

IMG_5305

 

おっと、ここで風の谷から砂漠をなんとなく眺めてみた。これが、地平線だ!空は無限大!大地も無限大!なんちゅう景色でっしゃろかッ!?

ここまでは車でヒョイっと来れる富士山の5合目みたい場所、さらに奥地へと進んで行くぞ!

 

IMG_5303

 

よくよく周りを見ていれば、そのうち水溜りを発見できる。

ウルルもカタ・ジュタも、神秘的で美しいから神聖な場所!といったような安いものではない。岩の影になり太陽が当たらず、岩だから水溜まりができる。日本ではどーでもいいことでも、このカラッカラの砂漠のど真ん中では生死に関わる重要な問題である。ウルル、カタ・ジュタでは生物が生きる上で欠かせない貴重な水を調達することができるのだ。つまりは、

 

 

「俺たちなんて、自然に生かされてるんだよな」

 

 

と、ここで改め実感しておいて損はないだろう。

 

IMG_5317

 

こんな道を15分〜人によっては30分歩いて行けば、約4kmになるカタ・ジュタ・ウゥーキングコースに到着する。3〜4時間で制覇できるらしいが俺なら1時間で走って帰ってこれる、そんな楽しみ方をしてる人はいないだろう。

 

  • 自分の足音
  • お連れの足音
  • 風が通る音
  • 虫の鳴く音
  • 太陽がジリジリと大地を照りつける音

 

こんな自然の音を楽しむのがここでの流儀だ。間違ってもウーハー付きのスピーカーから爆音ノリノリでダンスィングしてはいかんぞ。

 

 

さぁ、もう少しでウォーキングコースだ。

 

 

んッ?

 

なんだなんだッ?

 

もしかして.................

 

あれれ???

 

IMG_5323

 

「あんたはん、もう40度超えてまっせ、そんな時にウゥーキングされて死なれたらウチも困るんでんな、これ以上は進めませんぜ。ゲート閉鎖しときます

 

 

(。´・_・`。)ッ

 

 

あぁなんということだ、カタ・ジュタ散策に来てウルウルすることになるとは。

カタ・ジュタを散策するなら

夏場は当たり前のように40度を超える砂漠の地、現地の人に聞いたところ12時前後は毎日のように閉鎖されるらしいです。朝9時〜お昼くらいまでを考え散策しましょう。正午からは疲れた身体をホテルでゆっくり癒すという流れがおすすめです。

エアーズロック旅行記、まとめ、

この記事のポイントをまとめます。

エアーズロックに行くなら
  • ハエ避けネットを準備しよう(夏場は特に
  • 水、は絶対忘れないように
  • ゲート閉鎖に注意
  • 双眼鏡があるとより楽しめる
  • おもしろいイベントがないか、チェックイン時に確認しよう
  • Wi-Fi高いのでオプタスのSIM契約するのがおすすめ
  • スーパー(IGA)は夜21時まで
  • リゾートホテルとテントタイプの組み合わせもおもしろい

 

こんな感じになりました。

 

あとがき

愛を叫んでる人は一人もいませんでした。

「愛は叫ぶものではない」「囁くものだ」と個人的には思います。

あれはドラマや映画の話では?

スポンサーリンク
おすすめの記事