留学費用は安いけどフィジー留学ってどうなの?6ヶ月間滞在したフィジーの面白さ!

人口約89万人、南国の楽園フィジー(Fiji)留学6ヶ月のレビューです。

後進国だし、成果あるの?どんな生活が待っているの?治安はどうよ?ホントに海は綺麗なの?そりゃー不安ばっかりですよね( º﹃º` )

こっそりフィリピン留学と比較していますw

参考にどうぞ。

スポンサーリンク

【ジャンル別】フィジー留学6ヶ月のレビュー

僕がフィジーで生活したのは6ヶ月間です。3ヶ月はホームステイ、3ヶ月はドミトリーで過ごしました。

公用語はもちろん英語ですが、ぶっちゃけフィジー語とヒンディー語が飛び交っていますw

英語勉強留学として考えると3〜5番手。

逆にフィジーならではで面白い!っと感じたのが多人種多言語です。

もちろん、美しいビーチにも出会えます。

いろいろありますが、ジャンル別にレビューしていきます。

パッカリ多人種国家だからこそ面白い!

フィジーは人口約89万人の国で、元々から暮らしていたフィジアンと、労働力として連れて来られたフィジー系インド人、そしてその他の中国人wが暮らしています。

チャイナは世界中どこにでもいますw

面白いのが人種割合、フィジー系が全体の57%、フィジー系インド人が38%、その他はたったの5%です。

そお、一つの国の中でパッカリと人種が分かれているイメージです。

北朝鮮と韓国、と言えばもっと分かりやすいかもしれません(戦争はしてませんよ!仲は悪いですがw)

世界的に見ても珍しい人口比率であり、とっても不思議な環境です。

喧嘩はしなくとも対立はあります...なんども目にしました

インド人は私達と同じアジア系の血の持ち主、良く働きます。(雑ですがw)

対してフィジアンはというと、時給200円でもまったく気にしている様子がありませんwww(全員ではないと思いますが)

どうやらこんな所から分裂の原因が発生しているようで、互いに足の引っ張り合いをするのが日常です。

 

僕のホストファミリーはフィジー系インド人でしたが、アパートの下の住人はフィジアン。もちろん、僕は両方の家族と仲良くなってしまいます。

両者から愚痴られる日々が続きました(笑)

フィジーウォーターはGood!

水道水は飲めたもんじゃないので、ミネラルウォーターを購入する事になります。

フィジーウォーターは美味しいですね、世界のセレブから愛されるているとい話で、当たり前のように飲めるのはおすすめポイントだと思います。

絵に描いたようなビーチ!

最高のビーチで癒されたい!の夢は、

叶いますよ!

ただし、時期と場所を選ぶ必要はあります。

沖縄に行く感覚ですね。

最高のビーチを求めるなら、11月中盤〜3月の雨季シーズンはなるべく避けるが無難です!

食事について

フィジアンの主食「カサバ」は、めちゃくちゃくマズイです...マズイと言うより、ただお腹に食料を詰め込んでいる感覚です。

インドカレー、中華系、日本食レストラン、フィッシュ&チップス、があるので、そちらで対処が必要ですね。

ベストは、自分で作るです。

マーケットには新鮮ではないかもしれないけど美味しいそうな食材が並んでいます。

治安について

治安は言うほど悪くありません。

ただし、盗難は当たり前のごとくあります。

僕もスマホをヤラレました...

僕自身の不注意ですが、悲しくなりますね...

  • スマホのロック
  • バックアップ
  • 盗まれた時の対処

はしっかりしておきましょう。

身の危険は感じませんでした。

ホームステイ先の衛生面について

僕のホームステイ先は生活上なんの問題もありませんでした。

ただし、

たくさんの家を周ったところ、中には問題あるな....という家がある...というのが実際の話...

Free Birdさんと十分に話し合うのがよろしいかと思います。

僕みたいな人ならね〜テントでも全然良いんですがw

そうはいかない人もいますよね。

食事の衛生面

素手で食べる習慣が色強く、屋台でフォークは出てきません。レストランは大丈夫!

ホームステイ先(インド系)は素手カレーでしたが、スプーンを用意してくれました。

まぁ、僕はなるべく現地に馴染みたい派なので、素手で食べてましたがw

お手拭きを多めに持っていくと良いかもしれません。現地のスーパーでも買えます。

タクシーについて

  • 言い値
  • メーター

後進国らしく2タイプのタクシーがあります。

言い値タクシーは慣れないとボッタクられますが、現地に馴染むと言い値の方が安いです。

ネット環境について

空港やカフェ、スクールでも無料Wi-Fiが飛んでいますが、ある程度長い期間を考えるなら自前の回線を契約するのがおすすめ。

ホームステイ先で使えるかどうかは、その家の人がどうか?で決まります。僕のフォストファミリーはケチなので使えませんでしたw

発音について

イギリス植民地時代に、フィジーの公用語が英語になった過去があります。

なので、フィジアン・フィジー系インド人どちらも、第二言語(Second Language)としての英語です。

スピードは緩やかで、日本人にとって聞き取りやすい英語であると言って間違いありません。

特に、「r 」と「 l 」の、分かりづらいとされている音の違いがハッキリ分かるほど、

フィジアンのrゥルルルみたいなイメージなんですよねw

ただし、ネイティブがだいぶ苦労していた様子をみると、完全にマネするのはどうなのかな?というのが本音です。

幸せとはなんぞや?

少しばかりバックパッカー的思考になってしまいますが、僻地の住人は未だ火で料理を作り、水を汲みに歩き、畑で取れた「カサバ」を食べている。

なんて家に出会う事ができました。

この体験は、先進国留学ではまずできない事ですね。

幸せとはなんぞや?

を、肌で感じられるのがフィジーという国です。

フィジー留学のメリット・デメリット

メリット
  • 留学費用が安く抑えられる!
  • 多人種多言語の特殊環境が面白い!
  • 目を疑うほど美しいビーチが存在する!
  • 英語が聞き取りやすい!
  • 本当の幸せを感じられる!
デメリット
  • 英語勉強留学としてベストウエイではない
  • 衛生面が良いとは言えない
  • ネット環境はイマイチ、許容範囲内ではある
  • 雨季は気をつけなされ!

まとめ

ポイント
  • 多人種国家の特殊環境を楽しもう!
  • 絵に描いたようなビーチは離島にある!
  • 食事はイマイチ、少しでも自分で作れたらいいね!

だいたいこんな感じですね。

フィジーはゆる〜く、ちょっと人生の休憩をしながら、ついでに英語も勉強しちゃおうかな!?って人におすすめです。

ガッツリ勉強したいんだ!って人は、フィリピンのが良いでしょう。学習環境が整っています。

スポンサーリンク
おすすめの記事