留学費用が抑えられるフィジー留学6ヶ月の感想とポイントまとめ

 

英語の語学留学を考えた時、費用がアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなのどに比べて約5分の1と節約できるフィジー留学は金銭的にも、南国の素晴らしく綺麗なビーチに行けるという点も魅力的!

 

オーストラリアへのワーキングホリデーを考えいてる人にもおすすめの場所です。

 

ただ、後進国ではあるのは確かしだし、果たして留学してどんな成果があるのか?どんな生活が待っているのか不安な部分もあると思います。

 

この記事では、フィジーに6ヶ月間の語学留学に行った感想をレポートしています。

 

どこの国しようか迷っている人や、なかでもフィジー留学を考えている人は参考にしてみて下さい。

 

※大きな声では言えない内容も含まれているので悪しからず(笑)

スポンサーリンク

フィジー留学の感想

僕は6ヶ月間フィジーへ語学留学に行きました。アメリカやイギリスに比べて留学費用が抑えれるのは間違えないです。公用語はもちろん英語で、街にいる人のほとんどは英語を話していて、国民性も穏やかでおしゃべり気質なので英語を話す機会はたくさんあると思います。なので、英語力が伸びるのも確か。

 

しかし、フィジー留学ではそれよりももっと違った部分。つまり、日本との違い、先進国と後進国の違いについて。英語を使う機会を作りながらフィジーという国の風土に触れて、ゆったりと過ごしながらより広い国際的な視点を持つ事ができるのがフィジー留学だと思いました。

 

ぶっちゃけ英語だけを勉強したい、ガンガン英語を勉強して学力を上げたいと思う人は、フィリピン留学がおすすめ。コストパフォーマンス良くて、学習環境も良かった印象です。

 

※窃盗率はフィリピンが数倍上など、トラブル発生率はフィリピンの方が上かも。

 

フィジー留学がおすすめなのは

 

  • 英会話初心者の人
  • 後進国で先進国との差を肌で感じたい人
  • 2人種、3言語が入り乱れる特殊な環境で世界的視野を身に付けたい人
  • 南国のビーチでゆっくりしてみたい人(笑)

 

こんな人におすすめです。

フィジー留学のポイント

フィジー留学のポイントをまとめました。参考にしてみて下さい。

時期に付いて

できれば雨季は避けた方が良いでしょう。具体的には4月〜11月頃がベスト!気温は暑いですが、衣類もカラッと乾くので衛生的にも良いと思います。

発音について

フィジアンの発音は僕たち日本人にとってはとても聞き取りやすい印象です。もともと英語は公用語だけど第2言語みたいな所があるので話すスピードもスローで、特にrとlの違いは物凄く聞き取りやすく特徴的でした。

 

普通ネイティブの英語を聞くと分かりずらいrlの違いですが、フィジアンのrゥルルルみたいなイメージで思いっきり巻き舌。分かりやすいです。

 

ただ、僕たちには分かりやすい発音でも、旅行でフィジーに来ていたネイティブオージーに聞くと、多少聞きとりズライかな、、、、ワッハッハー(笑)そのように言ってました。

 

聞きとりやすいですが、完全に真似るのは微妙かもしれません。なんとも言えと言うのが本音です。

スピーキング(おしゃべりチャンスについて)

フィジアンはとにかくおしゃべりです。内容のない会話を何時間でも話せます(笑)とにかく話すのが英会話上達への第一歩、そう考えるなら、自分から主体的に行動できる人なら留学費用以上の成果を簡単に得ることができると思います。

 

先進国の人達より、おしゃべりする時間が明らかに有り余っている人が多い印象です。南国のゆっくりした風土と、後進国の仕事的価な価値観の違いでしょう。

2人種3言語について

フィジーには元々フィジーに暮らしていたフィジアンと、イギリス植民地時代に連れて来られたインド人のフィジアン系インド人の2人種が暮らしています。インド人が良く働くの対してフィジアンは南国の血なのか熱心には働きません(笑)

 

こんな所からフィジアンとインド人の対立があり、公的な場所を離れたりするとフィジー語、フィジー系ヒンディー語の3言語が飛び交っています。この特殊な環境をプラスに捉えるかマイナスと考えるかで留学の質が大きく変わってくると思います。

 

僕のホストファミリーはインド人でしたが、1階に住むフィジアンとはトラブルが幾度もあったようです(笑)こんなの勉強と思えば楽しめます。

食事について

まず、フィジアンの主食であるカサバは美味しくないですね(笑)

美味いのはインド系、中華系、日本食レストラン、もしくは自分で作るとなります。マーケットに行けばたくさん食材があるので、長期で留学を考えていいるなら、たまには自分で作ったりして栄養コントロールした方が良いと思います。

 

外食もそこまで高くはないので全然アリ。僕はいきつけの中華料理屋ができました!!

 

それと、インド人のたまに振舞われるお菓子は、甘すぎたりしょっぱすぎたり、スナック感はあるけど最高にマズかったです(笑)

治安について

治安は悪くないと思います。悪くはないけどもちろん注意は必要!6ヶ月間で、殺人、暴行、強姦、強盗などの身の危険に陥るほどの事件はありませんでした。

 

物乞いは多いので、自己管理、自己防衛だけはしっかりしましょう!そんな印象です。ちなみに僕は、I phone を盗まれました、、、落とし物と置きっ放しは自分の物です(笑)

衛生面について

衛生面は後進国なので全体的に悪いですね。悪いけど生活上で問題ないレベル。

 

留学する人が悩まされるのはベットバクなどのダニで、インド人家庭の方がトータルで綺麗好きな人が多かった印象です。ただし、家庭の収入によって差があるのも事実なので一丸には言えません。

 

お祭りなどのイベントにある屋台ではそのまま食材を渡されたりします。素手で食べるのが無理な人はマイ箸やマイフォーク、手を綺麗したい人はお手拭きを持って行くと良いです。

物価について

物価は全体的に安い。マーケットは特に安いのでおすすめです。

タクシーについて

タクシーは言い値とメータータクシーの2つがあります。

慣れないとボッタクられるので、初めのうちはメータータクシーを探して利用するのがベター。慣れてくると言い値タクシーの方が安上がりになります(笑)さらに顔を覚えられると、交渉しなくても最安値で運んでくれるようになります。

 

それと、女性一人の場合は後部座席に乗るようにした方が良いです。日本と違い助手席に乗るのが基本ですが、悪気はなくても日本人のような可愛いらしい女性に対しては¥、よろしくない事を思う人がいるのも事実です。

ネット環境について

ネット環境はそこそこ。そこそこですが空港、スクール、街中の無料Wi-Fiに頼ると繋がらないこともしょっちゅうなので、安定はしません。ホームステイ先もインターネットが通っている家庭は少ない印象でした。

 

ネット環境を整えたい人は、多少高く付いたとしても現地の携帯会社で自分で契約した方が絶対に良いです。SIMフリー端末が一台あれば便利。ポケファイを契約しても良いでしょう。

透き通るようなビーチについて

フィジーは南国の国!と言っても雑誌のような綺麗な海がどこへ行っても広がっていることはなかったです。ただ、どこへ行っても日本よりは綺麗な海でした。

 

感覚的には日本の沖縄に近い印象で、透き通るようなオーシャンビーチに行きたいなら離島やそれなりのビーチに行く必要があります。

まとめ

ポイント
  • タクシーは言い値とメーターの2種類
  • 治安は悪くはない
  • 2人種、3言語と言う特殊な環境を楽しもう
  • 英会話初心者の人にオススメ
  • ネット環境はできれば自分で用意したい(simカードを契約する)
  • 食事の味はイマイチ、ダイエットにはなるかも
  • 美しいビーチはやっぱり秘境や離島に行くのがベスト
  • 英語と同時により特殊な国際的感覚を学べる

 

決して整った環境ではないけれども、それをプラスに変えて他ではできない体験ができるのがフィジー留学。4〜11月の間の2週間〜3ヶ月くらいがベストでしょう。英語を使う抵抗を無くす、慣れるにはもってこいの環境だと思います。本番に備えて練習しに行く感じですかね!?

 

僕もそうでしたが、フィジー留学→オーストラリアでワーキングホリデー

 

このコースへ進む人も多いようです。

 

治安が悪くない点、費用が抑えられる点、トータルで考えると短期間の留学場所としてかなりおすすめです( ◜ᴗ◝)و(長期で行かれた方すいません。)

スポンサーリンク
おすすめの記事