羽田空港は大型バイクもらくらく駐車可能!国内線と国際線で駐車料金が違います

 

旅行で国際線の安〜いのを利用すると深夜便になる事も多いですよね(笑)そんな時は車やバイクで空港まで行って時間ロスを減らしたり、深夜でも安心して帰宅できるバイクで羽田がオススメ。僕は1日2日くらいで帰ってくるような時にはバイクで羽田まで行ったりします。国内線と国際線で料金設定が違うので事前にチェックしましょう。広々していてバイクも快適。

 

この記事では、羽田空港にあるバイク駐車スペースについてまとめてみたました。

 

ちなみに、外出先近くの空いている駐車場やコインパーキングを検索・予約!特P(とくぴー)を利用すれば旅行先で簡単に駐車場検索できておすすめです。


 

 

スポンサーリンク

羽田空港のバイク駐車料金

 

羽田空港の駐車場は原付も大型自動二輪も料金は変わりません。振り分けは「普通自動車」「大型車」「自動二輪車」の3つ、赤マルが付いている部分が二輪車の料金表です。

国際線側の料金表

料金設定は多少ややこしくなっています。国内線、国際線別で表にしてみましたのでどうぞ

羽田空港バイク駐車料金
30分以内 基本料金 24時間以内 24時間後 1日上限額
国内線 無料 30分/50円 500円 24時間を超える毎に5時間まで
1時間あたり100円
500円
国際線 無料 30分/50円※7時間以内 700円(7~24時間以内) 24時間以降24時間毎700円を上限に1時間毎100円 700円

30分以内は見送りとかお出迎えの人よう料金。どんなに長く止めても1日の上限は決まっているので安心です。

羽田国際線HP
羽田国内線HP

羽田空港国際線ターミナルにバイクでご飯を食べに来た(3時間)

国際線ターミナルには結構いろんなレストランが入っていて、僕のオススメはつるとんたん。まぁでも結構混んでます、、、

50円(基本料金)×6(3時間分)−50円(初めの30分)=250円

有給を絡めて3連休、2泊3日、昼出発、夕方帰りのプチ旅行(53時間)

僕の場合3日くらいなら荷物も少ないもんでリュックサック一つです(笑)そんな時の料金がコチラ

700円(1日目)+700円(二日目)+500円(5時間分)=1900円

深夜に帰って来てもバイクで家まで帰れるので安心なんです。LCCはすぐ遅延しますからね、、、

車とバイクで比較(1週間)

バイク:700円×7日=4900円
クルマ:2100円×3日+1500円×4日=1万2100円

差額:1万2100円−4900円=7200円

車とバイクではだいぶ違う。車は初めの3日間は1日上限が2100円に設定されています。

羽田空港バイク駐輪スペースの行き方(国際線)

 

国際線ターミナル側駐車場への入り口

車と同じように進めば左側にバイク用車線が出てきます。

駐車券を車と同じ要領で取ります、ボタンを押せばOK

手袋をしていると取りづらいので手袋は外した方がいいです、駐車券を取ったらそのまままっすぐと進む。

場内案内図

矢印の方向から進入してきてマルで囲ってある部分がバイクの駐車スペース。1番と2番エリアの2箇所で、案内図上側が空港側です。

2番駐車スペースの看板が見えます

バイク駐車スペースは1階のみ。ちなみに2番側駐車スペースが羽田空港直結のエレベーターに近いです

広々していて最高

羽田空港のバイク駐車スペースは広々していて大型バイクでも余裕です。チェーンロックするための手すりがあるので持っているなら活用できます。

今回バイクを駐車したのは国際線側で、矢印の先にある駐車場。

豆知識で駐車場の形が国際線は丸い、国内線は四角いです。分からなかったらこんな見分け方もあります。

羽田空港バイク駐車のポイント

  • 1日上限700円
  • チェーンロック用の手すりアリ
  • スペース広々、大型自動二輪でも余裕
  • バス、電車が走っていない深夜便を利用する時におすすめ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事