海外周遊中にスマホを盗まれてやっと勉強した海外旅行保険金が貰えないケース

海外旅行保険は盗まれたらなんでも保険金が貰えるような保険ではありません。僕は加入したりしなかったり(笑)なんですが、保険申請してみたものの保険金が貰えないケースが発生!調べてみると僕が悪いのがよ〜く分かる内容でした。

 

無知は損しますね、、、

 

この記事は、海外旅行中にスマホを盗まれるなど携行品損害にあった時、保険が貰えないケースや申請のポイントについて説明しています。

 

僕は盗まれた後に勉強しましたが、渡航を考えていて、あれ?全く知識ないかも?っと思う人は損しないためにも一読してみて下さい。

スポンサーリンク

海外旅行で抑えておきたいトラブルの割合

海外でトラブルに遇う確率は28人に1人。その中でも多いのが治療・救護の約49%、2番目に多いのが携行品被害で約33%もあります。つまり、ザックリ計算すると渡航する100人に一人は何かを盗まれている計算です。自分は大丈夫と思うにはちょっと確率が高いでしょう。お金があるなら保険に入っておくのがベター。

海外旅行保険(携行品被害)のポイント

携行品被害で保険金が貰えるケース、貰えないケース、申請のために必要なマメ知識を説明していきます。

置き忘れ、紛失で保険金は貰えない

カメラ、スマホ、パソコン、自分が原因で紛失した場合は保険金が貰えません。

 

例えば、「バスの中にスマホを忘れて、後で気づいたのでバスに戻ったが無くなっていた」このケースは「置き忘れた」ことになるのでNGです。僕も一度これをやってしまって、もちろんダメでした。

◯日までに申請しないと保険金が貰えない

これも知らないと損します。やむを得ない理由がない限り、携行品トラブルが発生してから30日以内に保険会社に連絡しないと保険金が貰えなくなるかもしれません。

 

保険会社によって日数が違うのであらかじめ確認するのをおすすめします。僕の場合は海外をフラフラして、トラブル発生から1年後に申請したもののもちろんNGになりました、、、

ポリスレポートが必要

保険申請に、盗まれた事実を証明するポリスレポートが必要になるケースがあります。

 

ポリスレポートは警察でも作成できますし、公的機関にパスポートを持って行けば作成してくれます。警察官が信用できない国も多いので、ツーリストポリスで作成して貰うのがベスト。ただし、作成して貰った書類はチェックするのがベター。「盗難された」ではなく、「置き忘れた」なんて書かれる事もあるようです。

 

  • 時間が無くて作れなかった。
  • 作成しようとしたが、警察が相手にしてくれなかった。
  • 出来上がる前に帰国となった。

 

上のようなケースでは保険会社にその主旨を伝えればOKです。

携行品の領収書

保険申請時に携行品の領収書が必要です。

ただし、ポリスレポート同様あればベストで無くてもNGとまではなりません。あれば保険金が貰いやすくなるので、貴重品、特にスマホなどの領収者は保管しておくと良いです。

不注意による破損はOK

「不注意で置き忘れた」で保険金は貰えませんが、「不注意で破損した」はOKです。

 

  • スマホ落として画面が消えた。
  • 海に落として電源が入らない。

 

こんなケースは保険金が貰えます。

まとめ

簡単に説明しましたが、どうでしたでしょうか?

 

  • 置き忘れ、紛失はNG
  • トラブル発生からの申請時間制限アリ
  • ポリスレポートがあるとなお良い
  • 領収書があるとなお良い
  • 不注意の破損はOK

 

僕の体験談として、保険に加入していて盗まれたのに保険金を貰えなかった時のショックは計り知れなかったです。なんせ2重にお金を損してしまうのですがら、、、ちゃんと勉強しましょうということですね( ◜ᴗ◝)و

スポンサーリンク
最高のアプリで英会話を勉強してみませんか?

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)はスキマ時間で話す(Speaking)聴く(listening)の日常英会話に特化した、最高の英語勉強アプリです。「ごくせん・ナースのお仕事」を手掛けた脚本家、江頭美智留氏によるドラマ式レッスン。これ聞いただけでもワクワクしてきますね^^

 

それなりに英語を話せるようになった私が今思う事は、机に向かいカリカリとTOEICの勉強をしていた時間を全て無くし、もっとたくさん誰かと英会話していたら、もっとたくさん海外ドラマを見ていたら、発音を真剣に考えて練習していたら、、、心からこのように思います。最高のアプリで英会話を体験して見ましょう。


※2020年4月22日(水)16:59までキャンペーン!

おすすめの記事