海外周遊中にスマホを盗まれました...海外旅行保険が使えないケースを勉強しました...気をつけて下さい...

 

海外旅行保険って、盗まれたらなんでもかんでも保険が降りないんですね...

私は加入したりしなかったりなのですが、この時は加入していました。それでも保険が降りなかったので、んなゼニこんな事になるのか?解説していきます。

私と同じ被害者が出ないよう、祈るばかりです...

スポンサーリンク

海外旅行のトラブル

海外でトラブルに遇う確率は28人に1人。その中でも多いのが治療・救護の約49%、2番目に多いのが携行品被害で約33%もあります。ザックリ計算すると、渡航する100人に一人は何かを盗まれている計算...

なんてこった...

自分は大丈夫!とは思わないようにした方が良いです。

お金があるなら...保険に入りましょう(笑)

海外旅行保険(携行品被害)のポイント

スマホの盗難は、携行品被害に当たります。

盗難されたら、保険会社に申請しなければなりません。

申請するためには、知識が必要です...

置き忘れ、紛失はNG!

カメラ、スマホ、パソコン、自身が原因で紛失した場合は保険金が貰えません。

イメージ
  • バスにスマホを忘れ、後で気づいて戻ったが無くなっていた
  • テーブルの上に置いて置いて、ちょっとトイレへ、帰ってきたら無くなっていた
  • 川で遊んでる時に落としてしまった

これらのケースでは、ほとんど保険が降りないケースばかりです。

盗まれた!この事実が必要です。

◯◯日までに申請しないとNG

長期に渡り海外に行く場合、帰国してから保険を申請するようになると思いますが、「やむを得ない理由がない限りは、携行品トラブルが発生してから30日以内に、保険会社への連絡が必要です。」

保険会社によって日数が違います。予め確認しておきましょう。

トラブル発生から1年後に申請しましたが、ももももちろんNGでした...

ポリスレポートがあればなお良い

保険申請には、盗まれた事実を証明するポリスレポートが必要になる事があります。

ポリスレポートは、警察、公的機関、ツーリストポリス、こんな所で作成できます。警察官が信用できない国(笑)も多いので、ツーリストポリスがベター。

作成して貰った書類は必ずチェックしましょう。「盗難された」ではなく、「置き忘れた」と書かれていたらNGです。

ただし例外もあります。

例外
  • 時間が無くて作れなかった
  • 作成しようとしたが、警察が相手にしてくれなかった。
  • 出来上がる前に帰国となった。

こんな時は、ありのままを保険会社に伝えればOKです。

    携行品の領収書

    スマホ(携行品)の領収書があると申請時に使えます。

    あればベストで無くてもNGにはなりませんが、あれば保険金が降りやすいようです。

    スマホの領収者は保管しておきましょう。

    不注意による破損はOK

    「不注意で置き忘れた」では保険金を貰えませんが、「不注意で破損した」はOKです。

    破損理由
    • スマホ落として画面が割れた、消えた
    • 海に落として電源が入らない

      この場合、スマホ(携行品)を所持している必要があります。

      まとめ

      海外旅行保険のマメ知識
      • 置き忘れ、紛失はNG
      • 申請のための期限を確認しておこう!
      • ポリスレポートがあるとGood!
      • 領収書があるとGood!
      • 不注意の破損はOK!

        保険に加入していて、盗まれたのに保険金を貰えなかった...このショックは計り知れません...

        損した気分にしかなりませんでした...

        こんな事にならぬよう、自身で入る海外旅行保険の内容は必ず把握しておきましょうね^^

        スポンサーリンク
        おすすめの記事