プラス1000円で乗れるJALのクラスJシートのレポート!エコノミーとここが違うよ

僕はいっつもいっつもどこに行くのもエコノミーなんですが(笑)今回は祖父母と一緒にJALを使うってことで、プラス1000円で乗れるJALのクラスJシートを使ってみました。

 

この記事は、JALのクラスJシートを使ってみた感想と、エコノミーシートとの比較をまとめてみました。

 

プラス1000円でどのくらい違うのか気になる人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

エコノミシートーとクラスJシート比較

エコノミーとクラスJ比較
エコノミー クラスJ
座席間隔 79cm 97cm
横ヒジ 肩ひじ 両ひじOK
テーブル 小型、前の人に依存する 大型、とても使いやすい

座席間隔が20cm違う

JALのクラスJシートではエコノミーシートと座席間隔が20cm違います。個人的にはエコノミーで十分な広さな気はします。僕は身長173cmなので、180cm以上くらいの人ならクラスJがベターかも。

ヒジを楽に置ける

 

左の写真がエコノミーで、右がクラスJシートです。

 

クラスJでは真ん中部分にある肘掛を2人で使えるのに対して、エコノミーはどーしても肘が当たってしまう感じ。平均身長以上ある男性ならこの横幅の違いがかなり大きく感じられると思います。エコノミーでよくあるのが、どちらかの人が諦めるパターンですね(笑)これがありません。

テーブルが最高

 

クラスJシートのテーブルは座席横からロボットみたいに取り出します。機内でPCを使いたい人にとっては使い安い。ビジネス利用の人には最高です。

座席が機内の前の方にある

機内前方、ビジネスクラスの後に座席があるので、着陸後早めに出れます。まぁそこまで気にする程のポイントではないかもしれません。

まとめ

僕がエコノミーと決定的に違うと思ったポイントは真ん中部分の肘掛けを2人で使える点。肘がおけるかおけないがで疲れ方がだいぶ違うなーと思います。

 

たまにしか乗らない人ならクラスJにしちゃっていいんじゃないでしょうか?年に何回も乗るなら、、、1000円と言えどやっぱり節約しようかな(笑)くらいの違いでした。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事