ジェットスターの遅延に遭って分かった対策方法と今回の事例レポート

 

今まで何十回、何百回とジェットスターを利用してきましたが、今回初めて遅延トラブルに遭いました。なんだかんだでLCCの遅延は日常茶飯事なんだと思います。この事で、改めてLCCを使う時はある程度の自己防衛が必要なんだなと感じました。

 

この記事は、僕がジェットスターの遅延に遭遇して分かった、LCCを利用するならやるべきこと。今回起きた出来事について書いてます。

 

今後の旅行に留学にビジネスに活かして貰えればと思いシェアします。

 

スポンサーリンク

ジェットスター遅延で分かったやるべきこと

今回僕が乗ろうとしていた飛行機は、メルボルン〜ケアンズ〜成田のジェットスターJQ125便。メルボルンからケアンズまでは国内線なので、出発1時間前(この時はAM:0615)に到着すればいいや〜っと軽く考えていたのがまず間違いでした!

 

実際に到着したのは06:00頃で、遅延したことなど知らずにカウンターへ、チェックインカウンターで遅延を知ることになったのです。

 

どうすれば良かったのか結論を言うと、前日に送られて来たEメールをチェックして、振替便の予約を早期にするのがベストでした。

 

ジェットスタースタッフからメールの有無を確認するように言われ、確かにEメールが届いています。。。

 Flight JQ25 05/12/2018 from Melbourne is delayed and will now depart at 11:45am. Check-in closes at 10:45am.」
JQ25便は遅延でフライトが11:45に変更になりました

 

このメールは前日23:30頃(搭乗予定時刻の約8時間前)に送られて来ていたのですが、この時間は夢の中。LCCを利用するならせめて当日朝起きて一番にメールチェックした方が良いでしょう。空港で待ちぼうけを食らったり、今回の僕のように、帰国予定日に帰国できなくなるリスクが減ると思います。

 

 

スタッフから極めて申し訳なさそうな謝罪の言葉がないのを考えると、遅延あってこそのLCCなのよ!と言うことでしょう。まぁお国柄もあるかもしれませんが。

遅延トラブルで起こった出来事、費用はメモしておく

帰国後にサポートセンターへ連絡すると追加で支払った費用が保証される場合があります。なので、なぜその費用が必要だったのか?と、いくら支払ったのか?はメモしておくと良いです。

ジェットスター遅延で帰国予定日に帰国できなくなった今回のケース説明

今回僕が乗ったメルボルン発〜ケアンズ着のJQ25便は11:45に時間変更されたのですが、これではケアンズ発〜成田着の出発時間に間に合いません。ただ、振替便では06:15出のJQ25便から、2時間ほど早い05:15出の他の便振り返る事ができました。

 

※遅延が発生した場合は、インターネット上で振替便予約ができる。

 

メールが届いたのが前日23:30分ですので極めて難しいですが、メールチェックさえできていれば当日中に帰国する事ができたことになります。

 

今回の僕のように、乗り継ぎで帰国を考えている人は特に注意が必要です!!

 

ジェットスター遅延で分かった利用のおすすめ

残念ですが、LCCに国際線が遅延した場合の保証は特にありません。しかし、ジェットスターでは遅延が明らかに航空会社の責任である場合、大手航空会社同様一定の範囲で保証される事があります。

 

9.2 当社のやむを得ない事情による変更

当社のやむを得ない事情によって生じた遅延又は取消が生じた場合、お客様が搭乗手続済みか否かを問わず、ジェットスターはお客様がお客様の目的地に着けるようお客様の支援を試みます。しかし、法によって必要とされない限り、その遅延又は取消の結果お客様に生じる可能性ある費用又は経費の支払いに対し、当社は責任を負いません。

ジェットスター公式HP

 

今回のケースでは、ジェットスターの遅延によりケアンズで一泊しなければならない状況になり、ケアンズに宿泊するホテルを無料で手配して貰う事ができました。それ以外に掛かった食事代や交通費etc は保証されませんでした。

 

ホテル以外で約160ドル(2名分)の費用が掛かったのですが、ケースによってはもっと掛かる場合もあるでしょう。これらの安心を買うにはやっぱり保険に加入するしかありません。

 

航空運賃の安いジェットスターを利用して、高い保険代を支払うと結局カンタスと変わらないじゃん、、、っとなるので、運賃に惑わされず、LCCは渡航目的に合わせて利用するのが良いと思います。

僕以外に同じトラブルにあった2名

僕と全く同じ流れで帰国できなくなった日本人と、日本に行けなくなったオージーがいました。同じ遅延トラブルに巻き込まれて楽しく会話したなかで、僕とは少し違った問題点も発見できたのでちょっとだけ2名の紹介をします。

 

僕はこう言うのが大好きなので遅延も悪くないなと思うところがあるにはあります(笑)

帰国できなくなった日本人の若い女性

彼女は初めての海外で、遅延した事を知らずに空港の出発ロビーでウロウロ。仕切りにコチラを見てくるので話しかけたところ、時間になっても飛行機来ないしどーなってるのかサッパリです、、、っと泣きそうになっていたそうです。

 

英語が全くできないこともあり、情報ゼロだったんですからそりゃー泣きたくもなりますね。状況を説明してあげて、僕の回線でLINEを使わせてあげるとちょっとホットした様子。良かったです。

 

そこで、遅延のメールが届いたか?聞くと、届いていない。

 

理由は簡単でした。普段はLINEばっかで、サービス関係に登録するアドレスはスマホに届かないから。おそらくですが、今の世の中こんな人は多いと思います。僕自身サービス関係に登録するアドレスには毎日数十〜数百のメールが届いて、その全てを確認する事はありません。

 

もちろん、メールをWEB上でチェックすることもできるし、ジェットスターにログインして遅延を知ることもできます。このケースから分かるのはLCCの登録で使うアドレスは、スマホに届くようにしておいた方が良いでしょう。

日本に行けなくなったオージー女性

彼女は、ケアンズのジェットスターが手配したホテルに向かう途中のバスで出会いました。話してみると、僕と同じで朝空港で遅延を知り、ケアンズで一泊する事になったようです。

 

ただ、旅慣れしている様子で日本に行くのも10回を超えるとか。LCCの遅延は困ったものよね(笑)っと話す中で、改めてLCCは遅延も含めて考慮する必要があると再認識させられました。

まとめ

ジェットスターの遅延で起こった出来事を書きながら、ポイントをまとめてみましたがどうでしたでしょうか?

 

遅延の心得
  • フライトチェックは前日の夜と朝起きて一番にするべし
  • LCCの遅延当たり前だと思うべし
  • 渡航の目的に合わせて航空会社は選ぶべし
  • 乗り継ぎで帰国を考えている人は特に注意が必要
  • 遅延により支払った費用は保証される可能性があるのでメモすると良い
  • Eメールはスマホに届くようにしておくのがベター

 

なんだかでオージーと友達なれるは、無料でホテルに泊まれるはで、個人的には良い思い出になりました。僕の宿泊したホテルが気になる人はコチラの記事がおすすめ→ジェットスターの遅延で帰国できず、、、無料でリゾートホテルに宿泊してケアンズ散策

 

それでは困るという人は頻繁にフライトチェックするのが大切です。

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事