海がオーシャンブルーになる条件とは!?〜綺麗な海はよりキレイに〜

 

旅行誌やテレビのような息を呑むほどのオーシャンブルー!どうすればあんな海に出会えるのか?

日中の太陽が真上にある時間帯、これが最低条件でもうちょっとあります。

海が光り輝くオーシャブルーになる条件をまとめてみました。

最高レベルのオーシャンブルー、ぜひ、体験しましょう^^

スポンサーリンク

オーシャンブルーの条件

海がキラキラと光輝くためには強烈な太陽光の反射が必要です。

太陽光は可視光線と不可視光線を持っていて、「赤橙黄緑青藍紫」の7色、無職透明の目に見えない「赤外線」女性が大キライな「紫外線」があります。太陽光が海に当たると青以外の全ての色は海に吸収され、青色だけが表面に残ります。結果、海全体がブルーに見えるという仕組です。

この時の光の跳ね返り具合によって、オーシャンブルーのレベルが変わってきます。

真夏の晴天の日中

感覚的にみなさんご存知の事と思いますが、海がキレイに見える時間帯は日中の10〜14時頃です。なるべく雲がない晴天の日がベスト!

満潮、干潮によっても変わり、周期は1日あたり49分づつズレています。夏場の晴天の日中を狙えば、一番綺麗な海に出会えます。

サンゴ礁の有無

サンゴ礁がある海域は、サンゴが海水質を安定させてくれるため、オーションブルーの海に出会えます。

サンゴが天然の防波堤とアンリ波を和らげ、白砂となり、水質を安定させる、サンゴは絶対に持ち帰らないようにしましょう^^ オーシャンブルーの海に出会いたいなら、付近にサンゴ礁が多い海を狙ってみると良いと思います。

風速

風速2m未満がGoodです!

波が立つと光が反射せず濁ってしまうためで、太陽は出ていて晴天なのに海はイマイチ、無風の日を狙ってみて下さい^^

浅い海

浅い海が広がっているとオーシャンブルーに近づきます。

太陽の光は、深ければ深いほど光が潜ってしまいます。潜ってしまうと、反射しないので、これぞ日本海!のような荒々しい印象の海に近づきます。

私は、荒々しい海も大好きです(笑)

プラクントンの死骸

海水の温度が急上昇すると、プランクトンが窒息死して海が濁ります。

最高のオーシャンブルーは、適温も必要なんですね。

下流近くの海域はNG

川の水にはたくさんのマテリアルが含まれているので、オーシャンブルーになりずらいです。

近くに川があるかないか?確認してみましょう^^

あとがき、

写真の海は、オーストラリアはワラナンブール近くの小さな街の海岸です。

有名な海ではないですが、息を呑むほどの美しと思いませんか?

まわりに人は一切いませんでした^^

スポンサーリンク
おすすめの記事