[注意]シンガポールのお酒事情を知らないと罰金アリ!日本と違うルール(法律)を説明します

こんにちは、旅ブロガーのヤマユウです。

 

東南アジアにでなくても海外旅行に行けば昼出歩いて、夜も出歩くのが普通ではないでしょうか?大人であれば雰囲気に押されてお酒が飲みたくなってしまうものだと思います。おそらく(笑)

 

シンガポールのルールでは飲酒のタイミングと場所によって罰金が課せられますので注意が必要です。トラブルに巻き込まれないためにもシンガポールのお酒事情について一読してみて下さい。

 

この記事はシンガポールでの飲酒関連ルールについて僕の体験談も含め書いています。

 

スポンサーリンク

シンガポールのお酒事情(ルール)を解説ービールを頼んだら断られたのはなぜ?

今回訪れたのはシンガポール、なんとあのマリーナベイサンズに無料で泊まれるって言うんですから来ないわにはいかなかったのです(笑)そんな初日の夜、街を散策しながら連れと一緒にふらっと入ったお店で食事をすることになり、ついでにここはやっぱりお酒が必要だよね。

 

ヤマユウ
ビール1本下さい!!
店主
ダメだダメだ!今日は終わりだよ。

と一括され、今日は終わりとは?

聞けばシンガポールでは外で飲酒したりお酒を買う時間には制限があり、夜もあまりに遅くなると売ってくれすらしなくなります。コンビニ、スーパー、レストランでお酒を買ってホテルで飲もうとしても、時間を過ぎるとそのお酒が買えなくなります。

これが街中にちょこちょことある飲酒ついて書かれている看板です。夜は10時30分まで、、、食事はできてもお酒と一緒に食事できるのは夜10時30分まで。購入も10時30分までです。

シンガポールのお酒に関しての法律まとめ

2015年4月1日〜シンガポールでは酒類の規制が強化されました。平日の午後10時半〜朝の7時まで、休日の午後8時から朝7時までの間は公共の場での飲酒が禁止になっています。

シンガポールお酒事情
平日:午後10時30分〜午前7時 休日:午後8時〜午前7時 祝日:午後8時〜午前7時
屋台・フードコード等の公共の場 禁止 禁止 禁止
許可されたホテル内 OK OK OK
許可されたレストラン OK OK OK
BERやパブ OK OK OK

 

つまり、公共の場での飲酒、酒類販売が禁止されていて、公共の場であってもそっち系のお仕事なら仕方がないですね!!のようなルールになっています。普通のホテルであればほとんど許可されたホテルですが、一部バックパッカーのような所は分かりません。宿泊する場合はスタッフに確認する事をおすすめします。

 

僕達が知らずにやってしまう可能性があるのは野外「歩道、公園、駅etc」で飲んでしまうとかでしょう。全てNGなので注意して下さい。違反者には1000ドル(約8万円)以上の罰金、または最長で3ヶ月の禁錮刑が科せられます。

 

複雑ですが、コンドミニアム(分譲マンション)も公共の場になります。ひょいひょいと誰かの後に付いて行き、誰かの家がコンドミアムであったのならば、たとえ現地人の家、部屋の中であろうとそれはNGになります。コンドミニアムなのか?どうか?イマイチ判別が難しい。それなので、夜は知らない人に付いて行かないようにしましょう。それが一番です。

シンガポールのお酒事情ー料金編

どうしても飲みたいのであれば許可されたホテルやレストランに行けば10時30分を超えて飲む事ができます。しかし、それだけお酒の価格も上がる、、、これがシンガポールのお酒は高いと言われている理由で、うまくハッピーアワーを使ったり、地元民がワイワイとお酒を飲みかわしている場所を使えばそこまで高いとは感じません。

シンガポールで節約しながら飲むお酒の方法を紹介します。

ハッピーアワー

まず一番に考えたいのがハッピーアワー!世界中どこの国に行ってもハッピーアワー。シンガポールでも通常料金の半額でビールが飲めます。

スーパーで購入

スーパーはやっぱり安いです。ホテル内で飲むのであればこれが一番安上がり。夜10時30分以降に備えて買いだめしておきましょう。

地元民がワイワイするお店でダイガービールを飲む

結局のところシンガポールのお酒が高いのはその関税と物品税のためです。現地で作られたお酒には輸入で掛かる税金がないため圧倒的安く済みます。代表銘柄はタイガービールですね。

あとがき

僕は、海外に行くといつも文化の違いやらルールの違いに驚かされるわけなのですが(それが楽しい)、法律の違いはシビアなのでこの記事を読んだあなたはシンガポールのお酒事情に関して注意しましょう。知らなかったでは済まされません。それで警察のお世話になるのは勘弁でございます。

 

ただ、このルールはとてもいいなーとも思いまして、このくらい制限がある方が日本のお父さんも飲みの為に早く仕事終わらせたり、次の日に残らなかったりするんではないでしょうか?僕はハッピアワーで飲むビールの方が美味しい気がします。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事