[レビュー]楽天で2000円のスマホ用望遠レンズ(12倍)を買ってみました

 

ブログの写真のほとんどはスマホで撮影しています。急にスマホで遠くの物を撮りたい!こんな欲求は常日頃からあって、前々から気になっていたスマホ用望遠レンズを買ってみました。楽天で2000円くらい。

 

この記事は、スマホ用望遠レンズ(12倍)を買った直後のレビューです。

 

主にレンズなしと、レンズありの比較をしています。購入検討中の人は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

スマホのズーム VS スマホ×望遠レンズ12倍

今回撮影に使ったスマホは I PHONE SE です。撮影場所は横浜、山下公園で、日本郵船氷川丸を被写体に比較してみました。
通常撮影
最大ズーム

 

だいぶズームできるけど、誰が乗っているかは分からない。ズームだけの限界は50mくらいしれません。

 

スマホのズームのみ
スマホ×望遠レンズ(12倍)

 

望遠レンズの方が被写体まで近くことができるけど、写真が歪んでしまいました。ちなみに、望遠レンズとスマホのズームを組み合わせるとさらに被写体に近くことができます。しかし、グラグラするので三脚がないと手ブレで綺麗な写真は撮れませんでした。

 

次に、被写体をちょうど良い具合に遠くにあった風力発電のプロペラに合わせて比較してみます。

通常撮影
最大ズーム

 

風力発電のプロペラまで、距離は500mくらいあると思います。ズームすれば捉えられるくらいです。

 

最大ズーム
スマホ×望遠レンズ(12倍)

 

ちょっとだけ大きく写りますが、やっぱり写真が歪んでしまい、まだ慣れていないのでケラレも写り込んでしまいました。レンズを付けるとちょっと暗くなります。

ただ、海や平地を撮影するなら丸みが出て、地球っぽさが出せるかもしれません。

 

スマホ×最大ズーム×望遠レンズ12倍

最大ズーム
スマホ×望遠レンズ
スマホ×最大ズーム×望遠レンズ

 

これは凄い。写真にザラツキが出てしまいましたが、遠くの何か1点を撮影したい時には十分使えそうです。

 

ただし、写真一番右の「スマホ×最大ズーム×望遠レンズ」は、ちょうど手すりがあったから撮影できたようなもので、支えがなかったらここまで綺麗には撮影できませんでした。どこにでも支えがあるとは限らないので、三脚を用意しておいた方がベターですね。

スマホ×望遠レンズを使うコツ

スマホ用望遠レンズを使う時に問題なのが、ケラレ手ブレ、この2つ。ケラレが写り込んでしまうとせっかくの写真が台無しになってしまいます。望遠レンズを付けていてる状態でケラレを直すコツは

 

  • しっかりレンズをスマホカメラの中心に固定する
  • ちょっとだけスマホのズームを効かせる

 

上の2つです。これでだいぶケラレが治るので試してみて下さい。

まとめ

僕は12倍を買ってみましたが、限られた目的がない人ならここまでの高倍率はいらないと感じました。500m先の物なんてそうそう撮影しませんからね。

 

  • 野球、サッカーの試合観戦
  • コンサート
  • 子供の運動会

 

こんな日常使いで考えている人は、このどれでも8〜10倍あればこと足りるでしょう。よく大は小をかねると言いますが、望遠レンズの倍率が高いと、支えが必須になってきて、手ブレが酷くなるのでおすすめできません。さっと取り出して、サッと撮影するなら8倍ぐらいがちょうど良いです。

スポンサーリンク
最高のアプリで英会話を勉強してみませんか?

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)はスキマ時間で話す(Speaking)聴く(listening)の日常英会話に特化した、最高の英語勉強アプリです。「ごくせん・ナースのお仕事」を手掛けた脚本家、江頭美智留氏によるドラマ式レッスン。これ聞いただけでもワクワクしてきますね^^

 

それなりに英語を話せるようになった私が今思う事は、机に向かいカリカリとTOEICの勉強をしていた時間を全て無くし、もっとたくさん誰かと英会話していたら、もっとたくさん海外ドラマを見ていたら、発音を真剣に考えて練習していたら、、、心からこのように思います。最高のアプリで英会話を体験して見ましょう。


※2020年4月22日(水)16:59までキャンペーン!

おすすめの記事