【一風変わった英会話学習】英会話の自信がないシャイな人は、ワンちゃんとおしゃべりしてみてはどうでしょうか?

その昔、今でもたまに、動物たちと、特にワンちゃんと英会話して楽しむ、そう私はサイコパス( º﹃º` )

いきなりの衝撃的な発言、申し訳ありませんm(_ _)m

 

子犬と英語で話す理由ですか?

そりゃーどんなに汚ったない発音でも間違った文法でも全て受け入れてくれるからですよッヽ(`Д´)ノ

そして癒される(/ω\)

 

効果は?というと、

レッスン終了後はなぜだか自信が付きます!!

自信が付くのにはちゃんとした理由もあるですよ!

ワンチャン英会話の極意、どうぞご覧あれ。

 彼はチ◯ち◯が得意でお利口な子でした。
スポンサーリンク

ワンちゃんと英会話して自信を付ける方法

ワンちゃん英会話のポイントを説明します。

  • 動物を見かけたら英語でしゃべりかける
  • なるべく1対1が良い
  • 自分の英語力を出し尽くして楽しむ
  • 最後にThank youの一言を忘れずに!

    これだけですw

    これを繰り返せばシャイな人も、きっと自然な形で英会話できるようになりますよ( ◜ᴗ◝)و

    ちなみに、ウソではなく誠の話!

    なぜなら、

    何回も口から出して発音することが大事だから!です。

     

    できるなら、大きな声で、ハッキリと、ワンちゃんになりきったつもりで全力を出しましょう!

    どんな事でも話せて(マジあいつムカつく〜etc)おすすめです。

     人は英会話に限らず、

    慣れるとイチイチ恥ずかしならなく生き物です。基本的にw シャイなあなたも例外ではありません!

    ワンちゃんの英語表現

    bowwow

    日本語の「ワンワン」に当たる表現です。

    「バウバウ」と言われれば簡単に聞こえますが、想像以上に発音が難しいです。

     

    Good boy./Good girl.

    日本語の「よしよし」「よくやった!」「お利口だね」にあたる表現です。

     

    OH,BOY

    日本語の「なにやってたんだよ!?」に近い表現です。

    Oh Boy で終わることはほとんどなく、なにかしらのいちゃもんセンテンスを続けましょう。

     

    You’re so cute.

    日本語の「なんて可愛いの!?」「もう好き好き好き」にあたる表現です。

     

    Tickle, tickle.

    日本語の「コチョコチョコチョ」にあたる表現です。

    注意点があります...

    知らないと後で泣きをみる注意点が2つあります。

    • 間違った英語を使っても指摘されない
    • 相手にしてくれないとめちゃくちゃ悲しい...不機嫌な時もあるよねヽ(`Д´)ノ

    当たり前ですが、

    そこはto + 動詞の原型だぜ!

    あ、アクセント位置もおかしいな、直しなさい!

    とは言ってくれません。

    こちらからどんなに話しかけても、

    .....................ゴロンッ

    っという日もあります。

    まとめ、余りにもシャイなら試してみて!ちょっとだけ英会話の自信が付きますよ!

    性格がシャイなのは仕方ありません、

    ワンちゃんと話せば自信が付く!その理由は

    何回も口から出して発音することが大切だから!どんな人でも慣れるとウブさが無くなります。

    です。

    どーしても自分はシャイなんだよな〜って人は試してみて下さいね。

    スポンサーリンク
    おすすめの記事