英語力ネイティブ並の日本人から、なるべく〇〇から教わりなさいとアドバイスされた理由

海外を飛び回るビジネスマンでネイティブ並の英語力を持ったMさんから、英語を学習する上で気にした方が良いポイントをアドバイス頂きました。

 

この記事は、ネイティブ並み英語力のMさんからアドバイス頂いた内容と、理由について書いています。

 

さらに上のレベルへと英語力を伸ばしたい人は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

英語はなるべくなら同性から教わるのが良い理由

今まで考えた事もなかったのですが、Mさん曰く、なるべくなら英語は同性から教わるのが良いとアドバイスを頂きました。

 

理由は簡単で、教わった人のアクセントだとか、リズムを覚えてしまうのでオカマになっちゃうよ(笑)と、そういう事らしいです。

 

日本語でも色々なテンポやアクセント、話し方で日本語を話ています。なんの先入観もなしに勉強すればするほど、教わる人の英語が自分の英語になっていくは極自然な流れだと思います。もしそうだとしたら、少し考えてみても良いのかなと思いました。

 

確かに、若い男はなんでもかんでもfuckとかfuckingを多用して、veryを使うのはちゃんとした人と言うか、しっかりした人のイメージ。

 

オカマのような話し方になっているとしたらちょっと嫌ですね(笑)

あとがき

誰それ構わず話すのが一番の英語力UPに繋がるのは事実!ですが、ある程度できるようになったら男と女の違いをちょっと意識してみるのも良いかもしれません。

 

僕はオカマになるは避けたいです(笑)

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事