[旅行記]ウルル散策!サンセットを眺めながら時が止まるほどの静けさを味合う

 

エアーズロック・ウルルを散策して、王道サンセットを見て来ました。砂漠のど真ん中にただあるだけで人々を魅了する大きな一つの岩。神秘的としか言いようがない。

 

この記事は、ウルル散策の旅行記です。

 

スポンサーリンク

ウルル散策した後にサンセットをひたすら眺める時間

IMG_5253

ウルルを登るための登山道。この時は2015年なのでまだ登れたんですが、2019年10月26日、正式に登山禁止となりました。聖地、そして安産面の観点からオーストラリアが正式に禁止たもので、世界の中心で愛を叫ぶ事はもうできません。

IMG_5230
IMG_5238

当時もアボリジニーの人達が聖地への登山禁止を求めていたことから、登山道前には登山禁止の看板があります。その他、ここは撮影禁止です!の看板があっちこっちにあります。僕はそんな文化や考え方を尊重したいので登りませんでしたが、本当のとこを言うとやっぱり登りたかったですね、、、

でも、散策したり、サンセットを眺めるだけで十分パワー貰えたのでOK!

IMG_5241
IMG_5245
IMG_5266
ウルルに池が!砂漠のど真ん中で聖地とされる理由はコレ。
砂漠で水が貴重なのは言わずもがな、岩の窪みに水が溜まり、日中も岩が日差しを瀬切ってくれて、さらに風も遮る。つまり、昔のアボリジニーにとって我が家でもあり、生きていく上で絶対に必要な存在がウルルでした。
IMG_5232
IMG_5292
ウルルを散策しながら間近で見上げると、とてもではないが一つの岩とは思えない。。。起伏が激しくて山のようです。下を見ながら歩くと所々アリ地獄を発見しました!日陰に入るのと、日差しをモロに受ける境界線に立つと温度差が激しくて面白いですよ(笑)
※日中の散策は暑くて暑くて絶対に水だけは忘れないように!

 

散策後はサンセットポイントに移動して、太陽が沈むのを待ちます。それにしてもハエの数が凄い、、、

エアーズロックにはたくさんハエが飛んでるので注意です

旅のお供に連れて来たペットもなんだか感動している様子です(笑)

 

今回撮れた最高の一枚がコレ。時間差で比較してみると。

 

夜まで粘れば月と一緒に!これもまた神秘的です。ここからウルルを眺めていると時間が止まったような気分になりました。

あとがき

ウルルが染まっていく瞬間は圧倒的な大地の力を感じ、ジリジリと聞こえる太陽の音と風の音、そしてハエが飛び回る音で全てのことが小さく思えてきます。

 

ここまで来るための旅行費がバカ高く付いちゃうのが難点ですが、ウルルが赤く染まっていく光景は感動的で、時間が止まったような気分にさせられます!人生で一度は眺めてみてはどうでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク
最高のアプリで英会話を勉強してみませんか?

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)はスキマ時間で話す(Speaking)聴く(listening)の日常英会話に特化した、最高の英語勉強アプリです。「ごくせん・ナースのお仕事」を手掛けた脚本家、江頭美智留氏によるドラマ式レッスン。これ聞いただけでもワクワクしてきますね^^

 

それなりに英語を話せるようになった私が今思う事は、机に向かいカリカリとTOEICの勉強をしていた時間を全て無くし、もっとたくさん誰かと英会話していたら、もっとたくさん海外ドラマを見ていたら、発音を真剣に考えて練習していたら、、、心からこのように思います。最高のアプリで英会話を体験して見ましょう。


※2020年4月22日(水)16:59までキャンペーン!

おすすめの記事